君の心臓を狙撃する

隣国のアイドルについての独り言

4番目のテスト パート割&練習/グラウンド編(I-LAND)

グラウンドでもパート分けが行われていました。
f:id:sh11dw:20200808112523j:plain


1番パート立候補者はユンウォン君とハンビン君です。
f:id:sh11dw:20200808112541j:plain

ニキ君は今回自分が1番には合わないと思い、諦めたようです。
f:id:sh11dw:20200808112556j:plain

タキ君が「これ歌えるよ」ってキーの高さとかも考慮してニキ君にセンター推してるんですよね…ニキ君のこと本当に誇らしくて信頼してるんだなぁ。
f:id:sh11dw:20200808112614j:plain

1番になってすごく嬉しそうなハンビン君見ると世界は平和になるなと思う。
f:id:sh11dw:20200808112641j:plain

グラウンドでも5番パートの話題に。
テヨン君「5番はまじでインパクトがあるよ。」
f:id:sh11dw:20200808112719j:plain

基本動画を見てるときに既にタキ君は5番パートに入り込んでいました。
f:id:sh11dw:20200808112736j:plain

他に誰が立候補してたかはわかりませんが、5番パートタキ君にハンビン君もニコラス君もダニエルもジェホ君もニキ君も票を投じてたの強いと思うんですよね。
f:id:sh11dw:20200808112800j:plain

5票で決まりましたがその5票がめちゃくちゃ強かった。
f:id:sh11dw:20200808112821j:plain



パート分けも終わり、ソンチョル君が「ブルタオルネのときみたくダンスリーダー決める?」と投げ掛けました。
f:id:sh11dw:20200808112846j:plain

みんな一斉にニキ君の方を見る。
f:id:sh11dw:20200808112902j:plain

ニキ君のにがい表情…
f:id:sh11dw:20200808112920j:plain

テヨン君「やりたくなかったらやらなくても良いよ!違ったら、本当に違うと思ったら大丈夫!」
f:id:sh11dw:20200808112941j:plain
いや本当に君も高1か?年下に気を遣える高1よ…嫌だったらって言い方をしないところがすごい…テヨン君も本当に言葉の選び方とか空気とか読んで生きてきたんだなぁと思いました。

「もしかして考える時間必要?」とテヨン君に言われて短く「はい」と答えるニキ君でした。
f:id:sh11dw:20200808113002j:plain
テヨン君の人の気持ち汲み取る能力よ…



ニキ君のことを尊重して個別で振り付けは取得することになりました。
f:id:sh11dw:20200808113038j:plain

しかしながらブルタオルネのときより難しい振り付けを早く覚えなきゃならないことにソンチョル君は焦っていました。
f:id:sh11dw:20200808114442j:plain


ダニエルはハンビン君に教えてもらうも、なかなかついていけずに笑うしかない。
f:id:sh11dw:20200808114517j:plain
f:id:sh11dw:20200808114529j:plain


ニコラスですら「覚えらんない!」と絶望していました。
f:id:sh11dw:20200808114552j:plain

タキ君に「どうしよう?」といいながらもたれかかる図がただの青春。
f:id:sh11dw:20200808114610j:plain



みんなの状況を見て多分リーダーのジェホ君が危機を感じていました。
「まずいのは俺らの振り付けを取得できる人がいないところ?」
f:id:sh11dw:20200808114634j:plain

話を聞いてなかったのか、わざとなのか、ユンウォン君が「ニキが全体的に見てくれるんじゃないの?」とすっとぼけ!
f:id:sh11dw:20200808114655j:plain

ニキ君「いや、ブルタオルネのときも僕がリーダーだったじゃないですか。今回はみんなを助けることより自分に集中したいです。」
f:id:sh11dw:20200808114722j:plain
すぐさま否定しました。
ジェイ君いなくなってからの負担の大きさよ…


穏やかテヨン君の機嫌がだんだん悪くなってきた。
「でも団体振り付けは合わせなきゃならないじゃんいずれ。」
f:id:sh11dw:20200808114744j:plain

報われないジェホ君「見てもらうのは違うってあとでみんなに言おう」
f:id:sh11dw:20200808114810j:plain

テヨン君「じゃぁ個人戦って意味?」
f:id:sh11dw:20200808114826j:plain
タメ語wwww



ニキ君の気持ちが理解は出来るけどモヤモヤするテヨン君は、その場ではなくニキ君に改めて話をしに行きました。
f:id:sh11dw:20200808114842j:plain

テヨン君「個人練習が出来なかったらアイランドに行けないかもしれないって心配してるんだよね?個人練習の時間があれば、お前がリーダーやってみんなを助けてくれる?」
f:id:sh11dw:20200808114857j:plain

それでもニキ君は今までの選択が良くなかったものだと感じて、リーダーをやるという決断ができませんでした。
f:id:sh11dw:20200808114917j:plain


そんなときに相談したのがタキ君。
一番本音を言える相手なんだろうなと思います。

ニキ君「ブルタオルネのとき俺が本当にリーダーやって、フィードバックはアイランドより良かったっていう、良いフィードバックあったじゃん。
俺が1から全部やった方がいいと思う?」
f:id:sh11dw:20200808114949j:plain

タキ君「うん。いいと思う。」
ニキ君「でも(アイランドに)いけなかった、自分の時間持てなかった。
今回どうしたらいいと思う?」
f:id:sh11dw:20200808115022j:plain

まだダンスの実力が足りなかったり、自信のない子達もいるので、自分の時間を持ちたいとはいえ悩むニキ君でした。
f:id:sh11dw:20200808115057j:plain



そんなニキ君が呼吸のために風船を膨らましてると、ピとダンスディレクターがいらっしゃいました。
f:id:sh11dw:20200808115120j:plain

呼吸は歌のためかな?ダンス以外のこともやるニキ君に、ピがいいね!
f:id:sh11dw:20200808115141j:plain

多少でもニキ君に笑顔が戻ってよかった。
f:id:sh11dw:20200808115157j:plain


ピはアイランドに行くときよりもグラウンドに行くときのほうが0.1%くらい愛情が多いようです。
f:id:sh11dw:20200808115217j:plain

それを聞いたダニエルご満悦。
f:id:sh11dw:20200808115231j:plain



ピ先輩「今回どんな考えをもって練習をしてるか話してみてくれる?…誰から?」
f:id:sh11dw:20200808115257j:plain

みんなお互いを見て様子を伺っています。
f:id:sh11dw:20200808115323j:plain

この様子を見たピは「そんなんじゃアイランドに行けるわけないだろ」と呆れました。
f:id:sh11dw:20200808115345j:plain


「今回のリーダーは誰だ?」と聞かれてまた訪れる静寂…
f:id:sh11dw:20200808115406j:plain

「こんなことで怒んなきゃいけないの?本当にどれだけ怒んなきゃならないの!?」
f:id:sh11dw:20200808115426j:plain
基本的なことすぎてピは呆れるしかありませんでした。

ピ「とりあえずお前ら目付きだけで負けてるぞ!!」
f:id:sh11dw:20200808115442j:plain

リーダーを決めるために色んな話し合いをしたのか?の問いに曖昧な返事をするグラウンダーにピがぶちギレました。
「兄さんが怒る前にちゃんと返事しろ!!!」
f:id:sh11dw:20200808115457j:plain



お前らの目付きを鏡で見てみろと言われて鏡の前に移動。
f:id:sh11dw:20200808115517j:plain

ソヌ君の真顔は貴重だ。
f:id:sh11dw:20200808115532j:plain

勝てんのか?グローバルスターになれんのか?お前らがグラウンドにいる理由がこれだと言われ、深刻な面持ちになりました。
f:id:sh11dw:20200808115546j:plain


ピ「お前らが今アイランドにいる子達より出来ないことって何があるんだ?」
ダニエル「ありません。」
f:id:sh11dw:20200808115608j:plain
ダニエルは優等生だ…クラスにほしい…

ピ「リーダーが重要だリーダーが。
俺がいくらどん底にいても俺の目は生きている、しようとしている意志と、できるという考えを持っているだろう?」
f:id:sh11dw:20200808115623j:plain

ピ「10年経っても20年経っても成功するしかないだろう?自分を信じて愛してやるんだろ?それ以上に幸せなことあるか?」
f:id:sh11dw:20200808115641j:plain

ソヌ君本当にきれいな顔してるなー!
f:id:sh11dw:20200808115654j:plain



喝を入れられ、一度動線を見てもらうことになりました。
f:id:sh11dw:20200808115710j:plain

ハンビン君も入り込むの上手いな。
f:id:sh11dw:20200808115747j:plain

タキ君はやはり表情とジェスチャーはニキ君よりも上手いと思う。
f:id:sh11dw:20200808115810j:plain

ピもお気に入りですよね。
f:id:sh11dw:20200808115825j:plain


全体を見たあと、タキ君のソロパートで個別レッスンを行いました。
f:id:sh11dw:20200808115842j:plain

「こうやってかがんだとき前を見ないで頭を落とすんだ」など、細かく動作を指導。
f:id:sh11dw:20200808115923j:plain

ピから直接細かく教えてもらえてタキ君も嬉しそうでした。
f:id:sh11dw:20200808115937j:plain


最初のハンビン君センターについても、視線が動いていると実践でわかりやすく教えていました。
f:id:sh11dw:20200809235037j:plain
f:id:sh11dw:20200809235103j:plain

最初の視線ですでに勝負が決まってしまうのに、自信が感じられなくて心配だと懸念するピ。
f:id:sh11dw:20200809235142j:plain

これに対して、頑張ってやってたのにいいフィードバックをもらえなくて悲しいとハンビン君が言ってましたが、自信があるのかないのか謎だな。笑
f:id:sh11dw:20200809235201j:plain



一人一人見ていく必要があるからリーダーもやはり必要だと説くピ。
f:id:sh11dw:20200809235224j:plain

ピ「ニキも見てあげられるし、そして俺はお前らがやれると信じてる。最善を尽くして方法を変えてくれたら良い。」
f:id:sh11dw:20200809235240j:plain

ピのこの言葉にニキ君も改めて自分の立ち位置を考えるのでした。
f:id:sh11dw:20200809235254j:plain


中間発表後もニキ君は悩んでいる様子。
f:id:sh11dw:20200809235311j:plain

一人で何かを書いているニキ君は、自分にも集中して、チームのために何か助けられるのではとも考えていました。
f:id:sh11dw:20200809235334j:plain


ニキ君「みんな集まってください!動線確認しながら僕がディテール教えてあげます。」
f:id:sh11dw:20200809235353j:plain

ニキ君のこの言葉聞いて嬉しそうなテヨン君見て泣きそうになってしまった。
f:id:sh11dw:20200809235406j:plain


みんなも不安な中練習するのと、頼れる人に教えてもらって練習するのではストレスが違うと思うんだよな。
f:id:sh11dw:20200809235425j:plain

ニキ君自身が混ざって細かい動きを確認する場面もありました。
f:id:sh11dw:20200809235438j:plain

ニキ君感情表に出すの結構苦手なタイプですよね、かわいい。
f:id:sh11dw:20200809235453j:plain


ニキ君が助けてくれるようになり、チームの雰囲気も良くなったとのこと。
f:id:sh11dw:20200809235507j:plain

「おっきく踊らなきゃ、今小さいから。あと拍子。OK?」
f:id:sh11dw:20200809235524j:plain
ニキタキの関係って年頃の男の子ではめずらしいよなー。タキ君はニキ君のことを自分より遥かに上手だと認めているけど、ニキ君に負けないところ(表情とか)を武器にしてる感じがいいですよね。

ハンビン君には、センターだからもっと余裕を持たなきゃと軽い感じでアドバイスしていました。年上のこともちゃんと尊重してる言い方ですね。
f:id:sh11dw:20200809235543j:plain

ニキ君「次はソヌ君!!」
f:id:sh11dw:20200809235557j:plain
ニキ君の、ヒョンって使わないところが私は結構好きですね。


ソヌ君もニキ君にアドバイスもらえて嬉しそうだな…
f:id:sh11dw:20200809235609j:plain


更新遅くなりすみません。
6話に続きます。
ゴヌ君がPart.2にいなかったらPart.1で終わるかもしれませんが…悲

4番目のテスト パート割&練習/I-LAND編(I-LAND)

ユニット戦に負けたグラウンドメンバーの足取りは重かったです。
f:id:sh11dw:20200803220323j:plain

しかしながら待つ側も戻る側もお互いを気遣って笑顔で顔を合わせられたのは偉いなぁと思います。
f:id:sh11dw:20200803220345j:plain

ソヌ君がI-LANDにいくことを願って「今日は兄さんに会いたくなかったのに」と抱き締めるテヨン君。
f:id:sh11dw:20200803220406j:plain

負けたことを謝るダニエルに、ユンウォン君とジミン君も泣いてしまいました。
f:id:sh11dw:20200803220422j:plain

今まで涙を見せてなかったニコラスも一人でうなだれておりました。
f:id:sh11dw:20200803220439j:plain

ジミン君がこんなに泣いてるの初めて見ました。選抜メンバーを思うと心が痛かったんでしょうね…
f:id:sh11dw:20200803220502j:plain



そこにピ先輩とジコ先輩が訪れました。
f:id:sh11dw:20200803220527j:plain

落ち込むニキ君に「大丈夫だ、まだ終わったわけじゃない!」と励ますピ先輩。
f:id:sh11dw:20200803220547j:plain

プデュみたいに観客票じゃないので、ちゃんとフィードバックしに来てくれたようです。
f:id:sh11dw:20200803220647j:plain


ボーカルは二人とも上手で安定していたけど、ただ歩いて歌っているようだったのでそれが残念だったとのことでした。
f:id:sh11dw:20200803220709j:plain


ダンスはまずセンターが合っていなかったとのこと。
f:id:sh11dw:20200803220740j:plain

ジコ「それ見た?ボーカルの子達は?」
ダニエル「よく見ていません。」
f:id:sh11dw:20200803220804j:plain

ジコ「そういうのを見て、センターを見つけられてなかったら、センター!って言わなきゃならない。」
f:id:sh11dw:20200803220903j:plain
さすが元グループアイドル。(Block.bも好きだったなぁ)

創作部分についても、ケイ君のハローのように曲が変わってパッと雰囲気を変える振り付けで目を引き付けるのが重要だし駆け引きだと教えていました。
f:id:sh11dw:20200803220944j:plain


しかしながらピがニキ君とニコラスには「大丈夫だ、笑え!」と二回も言ってたんですが、ジェホ君の気持ちも考えてくれよな…
f:id:sh11dw:20200803221019j:plain



一方のI-LAND側選抜メンバーは、「かっこよくポーズしよう!」とふざけてカムバック。
f:id:sh11dw:20200803221125j:plain

とかやってたら迎える側もケイ君のハローで準備していました!
f:id:sh11dw:20200803221141j:plain

喜びが爆発したI-LANDER!
f:id:sh11dw:20200803221157j:plain

ジェイ君が「みんな退け退け!」とソンフン君お姫様抱っこして走り回ってるのがとても素敵…やっぱりこのおしどり夫婦感素敵…
f:id:sh11dw:20200803221218j:plain

そしてこのジョンウォン君がとても綺麗でキャプチャせざるを得なかった。
f:id:sh11dw:20200803221235j:plain



ユニット戦後、疲れて寝ているジョンウォン君を見て、ヨンビンオンマが何かに気付きました。
f:id:sh11dw:20200803221303j:plain

その様子を動画に残そうとするヨンビン君、睫毛なっげ。
f:id:sh11dw:20200803221322j:plain

寝ながら無意識に手がポッピンの動きしてるんです、かわいすぎるだろ!
f:id:sh11dw:20200803221346j:plain

ジョンウォン君「ポッピンしてましたか僕??」
f:id:sh11dw:20200803221418j:plain
その動画単独でUPして下さい。



しばし休憩したのち、4番目のテスト公開のためI-LANDはロビーに集まりました。
f:id:sh11dw:20200803221441j:plain

4番目のテスト表題は「最後の12人」。
合格した12人がI-LAND Part.2に進めます。
f:id:sh11dw:20200803221506j:plain
全然最後じゃないじゃんって思ったのは私だけか…Part.2とかいらんよ…

4番目のテストでは、I-LANDER投票で3人が放出。
f:id:sh11dw:20200803221527j:plain

更にプロデューサー投票から3人が放出されます。
f:id:sh11dw:20200803221546j:plain


放出された6人は、グラウンドのメンバーと一緒にグローバル投票の結果を待つこととなります。
f:id:sh11dw:20200803221605j:plain

ジョンウォン君「グラウンドはグローバル投票だけで上がるってことですか?」
f:id:sh11dw:20200803221628j:plain

この事実にグラウンドのみんなは悲壮感が漂っていました。
f:id:sh11dw:20200803221648j:plain
※君は大丈夫だと思うよダニエルや…



公開された曲目は「I&credible」というオリジナル曲です!
f:id:sh11dw:20200803221751j:plain

今回も代表が作った曲のようですね。
このステージが終わったらデビューするというような歌詞で、自分は自分自身を誰よりもわかってるから自分を信じろという内容です。
f:id:sh11dw:20200803221833j:plain
ちゃんと作ってくれてるのいいね…←日プの最終回引きずってる人

5番パートはソロの見せ場もあり、ジェイ君やジェイクが意欲を見せていました。
f:id:sh11dw:20200803221859j:plain


セオン君「まず、これはチームで上手くいけば放出者が少なくなるとかそういうことじゃないから、各自が上手くやれるのがいいと思う。」
f:id:sh11dw:20200803221928j:plain


ここでいち早く名乗り出たケイ君。
「今までセンターやったことなかったんだけど、振り付け見て俺が好きなスタイルだからやりたい。」
f:id:sh11dw:20200803221957j:plain

セオン君が「じゃぁ1番やりたい人手挙げましょうか?」というと、即座にケイ君が手を挙げました。
f:id:sh11dw:20200803222025j:plain
f:id:sh11dw:20200803222045j:plain

他の子は最初から諦めているのか誰も手を挙げません。
f:id:sh11dw:20200803222123j:plain


そんな中まさかのギョンミン君がおそるおそる立候補!
f:id:sh11dw:20200803222201j:plain

個人的にずっと後ろの方でやってきたし、最後のテストだから自分が見せたいことをやりたい、脱落してもセンターに立ってみたいという気持ちでした。
f:id:sh11dw:20200803222306j:plain


多数決で、ケイ君は8票。
f:id:sh11dw:20200803222401j:plain
正直空気的にも全員かな?と思ったんですが…

ギョンミン君のとき映されてないですが、2票残ってるんですよ。
f:id:sh11dw:20200803222433j:plain
誰が挙げてるのかなって確認したらゴヌ君とジェボム君でした…
背景考えると泣きそう。
多分ゴヌ君はギョンミン君が最初で最後のI-LANDとしてのステージになるかもしれなかったからやらせたかったと思うんですよね。
そしてジェボム君は誰よりも優しいんですよ…

こうして1番パートはケイ君に決まりました。
f:id:sh11dw:20200803222504j:plain



しかしその後も諦めず前の方のパートに挑戦するギョンミン君。
f:id:sh11dw:20200803222534j:plain

これギョンミン君にとって圧倒的に不利なのは、歌ってみるとかもなく決まっていっちゃってる感じで、一人だけI-LANDでのステージ経験がないからみんな知らないのに多数決取られてることなんですよね。
f:id:sh11dw:20200803222624j:plain
f:id:sh11dw:20200803222643j:plain


多分全部手挙げたのかな…結局最後の12番になってしまっていました。
f:id:sh11dw:20200803222732j:plain

しかし本当にこの子はすごいわ…
正直気分は良くなかったけど、12番はずっとセンター1番の後ろで補助する役割だから、頑張ったらよく見せられるとポジティブなんですよ…高校1年生のガツガツした時期にこんなこと思えるのは思えるのはすごい。
f:id:sh11dw:20200803222833j:plain



ダンスソロパートがあり、激戦が予想される5番ポジション。
f:id:sh11dw:20200803225615j:plain

ケイ君はジェイクを心の中で推していました。
f:id:sh11dw:20200803225634j:plain

ヒスン君はジョンウォン君とジェイクでお悩みの模様。
f:id:sh11dw:20200803225708j:plain


実力派含め6人が立候補してた状況でした。
f:id:sh11dw:20200803225730j:plain

ダンスユニットで信頼を確固たるものにしたジョンウォン君が5番パートを勝ち取りました。
f:id:sh11dw:20200803225750j:plain



I-LANDでは毎度恒例の新しい衣装チェックの時間です。
f:id:sh11dw:20200803225818j:plain

白と黒のコントラストは美しいが着てたら右側蒸れそうな衣装だな。
f:id:sh11dw:20200803225958j:plain

ギョンミン君が真っ先にマネキンが着ている衣装をチェックしていましたが、その様子を見て「ギョンミンに似合いそうだな」とセオン君が言ってました。
f:id:sh11dw:20200803230028j:plain

ご満悦のギョンミン君、確かにこの衣装らスタイルよくないとつらい。
f:id:sh11dw:20200803230045j:plain

スリッパにも感動。仮にプレゼント渡せる機会があれば、高いスリッパを献上するか…
f:id:sh11dw:20200803230136j:plain



練習前、話題はグローバル投票に。

ジェボム君「グローバル投票だから外国人のメンバーが有利なんじゃない?」
ジェイ君「俺もアメリカの人投票してくれるかな?」
ジェイク「オーストラリアの人投票ちょっと…」
f:id:sh11dw:20200803230239j:plain

ジェイ君はグローバル投票に自信がないらしく、メンバーとプロデューサーに認められなきゃならないとネガティブでした。
f:id:sh11dw:20200803230306j:plain
韓国はわからないけど、ジェイ君の性格は海外だと好かれると思うんですけどね。


そんなジェイ君は誰よりも早く振り付けを取得しました。
f:id:sh11dw:20200803230337j:plain

その様子を見てヨンビン君が「いや~もう振り付け覚えたの?」と感心していました。
f:id:sh11dw:20200803230404j:plain

評価方式が個人になるため、雰囲気がチームワークより個人中心に変わっていきました。
f:id:sh11dw:20200803230428j:plain
f:id:sh11dw:20200803230443j:plain


ジェボム君「これInto the I-LANDより何倍くらい難しいと思う?」
ジョンウォン君「1~2倍?2倍くらい難しいと思います。」
f:id:sh11dw:20200803230507j:plain
もはやジェボム君が癒しの存在である…



そしてセオン君はなかなか取得できない振り付けにイライラしていました。
f:id:sh11dw:20200803230528j:plain
実力を見せなきゃという焦りもあるんでしょうね。

ジェイ君が踊ってるのを見て、「振り付け取得した?教えてほしい。」とお願いするセオン君。
f:id:sh11dw:20200803230555j:plain
もう手段は選べないですね。

「大体ですけど良いですか?」と教えるジェイ君はI-LANDという番組の短い間ですごく大人になった印象!
f:id:sh11dw:20200803230615j:plain

わからないところを何度も何度も繰り返すセオン君。
f:id:sh11dw:20200803230634j:plain


普段と違う様子にジェイ君は異変を感じたんでしょうね。
「コンディション大丈夫ですか?ちょっと良さそうには見えないんですけど。」
f:id:sh11dw:20200803230657j:plain

セオン君「良くない。でも仕方ない。早く早く習わなきゃ。」
f:id:sh11dw:20200803230712j:plain
焦りは体調をも悪くするのだなぁ…

今までプロデューサーに褒められたことがなかったから、今度上手くやれなければプロデューサーが自分を脱落者に選ぶんじゃないかと思ったようです。
f:id:sh11dw:20200803230730j:plain



セオン君を教えたあとも一人で練習しているジェイ君。
f:id:sh11dw:20200803230815j:plain

と、そこにギョンミン君が近づきました。
f:id:sh11dw:20200803230831j:plain

「ジェイ兄さんここわかりますか?」と聞かれて教えてあげるジェイ君。
f:id:sh11dw:20200803230850j:plain


お次はジェボム君に「ここ教えてもらっちゃダメ!?」と明るくお願いされて承諾。
f:id:sh11dw:20200803230907j:plain


オールマイティージョンウォン君にも「兄さん教えて下さい。」と頼られてました。
f:id:sh11dw:20200803230925j:plain

ジェイ君「教えてあげるだけで4回目5回目…」
f:id:sh11dw:20200803230947j:plain
ぶつぶつ文句いいながらもちょっと嬉しそうだな。笑


練習生期間の短いヨンビン君には最初から丁寧に教えてあげてました。
f:id:sh11dw:20200803231007j:plain

ジェイ君「ちょっと振り付け整理してきます。ここまでやっててください。」
ヨンビン君に宿題を残し、ジェイ君は宿舎ゾーンへ。
f:id:sh11dw:20200803231035j:plain


お肌のお手入れ中のソンフン君の横で「しんどい。」と疲れを露にするジェイ君です。
f:id:sh11dw:20200803231053j:plain

ジェイ君「今日だけで振り付け6人近くに教えてあげたわ。」
f:id:sh11dw:20200803231108j:plain

ソンフン君「ちょっと後で俺にも教えてよ。」
f:id:sh11dw:20200803231122j:plain
私この二人の空気感すごく好きです…ONFのリーダーズみたいな感じですかねぇ。スキンシップだけが仲良いってわけじゃないなとわかります。

口とは裏腹に、みんなに頼られてまんざらでもなさそうなジェイ君がかわいいですね。
f:id:sh11dw:20200803231151j:plain
ジェイ君はグラウンドにいって正解だった子No.1だと思います。



もう一人、グラウンドにいって正解だったジェイク。ジェイクは練習生期間短いはずなのに一人で振り付けを習得していました。
f:id:sh11dw:20200803231244j:plain

02ズのウィジュ君に教えるまでに成長しています。
f:id:sh11dw:20200803231257j:plain


ジェボム君「一回だけ最初から教えてもらったらダメ?」
f:id:sh11dw:20200803231319j:plain
ジェボム君年下へのお願いの仕方が上手い。これはなつかれるし好かれるわ。

「僕も教えてください」とお願いするジョンウォン君は年上に好かれるわ…
f:id:sh11dw:20200803231353j:plain

そのうち一人二人とジェイクの回りに集まってきました。
f:id:sh11dw:20200803231415j:plain

ち○びピンポンしてんのかジェイク?
f:id:sh11dw:20200803231435j:plain
(キムのヒョンビンちゃんを思い出すねぇ…)

やられたらやり返す、ケツを触るソンフン君…
f:id:sh11dw:20200803231451j:plain
男子高校生って感じでいいね!!


ジョンウォン君がジェイクに対して、「なんかInto the I-LANDのときよりすごく上手くなりましたよね」と褒めていました。
f:id:sh11dw:20200803231508j:plain
ソンフン君その手はどうした?

それを聞いたジェイクがガッツポーズで喜んでいました!
f:id:sh11dw:20200803231523j:plain



みんなが宿舎ゾーンに戻ったあと、残って練習しているギョンミン君とジェボム君。
f:id:sh11dw:20200803231652j:plain

ジェボム君「うわ、全部忘れた!参った、こんなに難しいと思わなかった。」
f:id:sh11dw:20200803231718j:plain

今回のテストで脱落すると思ったジェボム君。希望もないし頑張りたいのにやる気もでないし、辛いと弱音をはいていました。
f:id:sh11dw:20200803231744j:plain


ジェボム君「今回センターがないじゃん1回も。お前ある?」
f:id:sh11dw:20200803231801j:plain

ないというギョンミン君に「俺らセンターないんだよ!」と笑って自暴自棄なジェボム君です。
f:id:sh11dw:20200803231819j:plain


ギョンミン君のパートである12番はずっと後ろにいるから思ってるより深刻だよとジェボム君も訴えていました。
f:id:sh11dw:20200803231847j:plain

ギョンミン君「でもこれ教えてあげなきゃと思ったんですけど。」
f:id:sh11dw:20200803231922j:plain

ギョンミン君「パートが、歌詞が1フレーズしかないじゃないですか。だからダンスに神経注げるんですよ。」
f:id:sh11dw:20200803231937j:plain

ギョンミン君の思いもよらない発言に、ジェボム君も狐につままれたような表情になっていました。
f:id:sh11dw:20200803231956j:plain


元々の振り付けは手だけを伸ばすのですが、腕も伸ばして存在感を出そうと工夫したというギョンミン君。
f:id:sh11dw:20200803232017j:plain

パートは1つしかないけど、自分を見せられるポイントが3つあるからそれでアピールする計画を立てていました。
f:id:sh11dw:20200803232034j:plain
f:id:sh11dw:20200803232104j:plain
f:id:sh11dw:20200803232123j:plain

ギョンミン君「僕が見せられるものを一生懸命練習して今回のテストで1位になります。この中で1位になるとかありえない話なんですけど、ありえない行動をしなきゃならないんですよ。」
f:id:sh11dw:20200803232142j:plain
考え方が達観している…


自暴自棄になりかけていたジェボム君は3つ年下の子のこんな話を聞いてすごく刺激になったようです。
「そうだな、ありえない考えで練習しよう。そしたら早くもう一度やろう。」
f:id:sh11dw:20200803232200j:plain

自分に自信がないとき、支えになる存在って絶対必要ですよね。
f:id:sh11dw:20200803232219j:plain

「あと2回やったら満足するかも」と、何度も何度も二人で繰り返し練習しているのでした。
f:id:sh11dw:20200803232231j:plain

胸を打たれる。。。
f:id:sh11dw:20200803232413j:plain



個人中心とはいえ合同練習もきちんと行うI-LANDです。
f:id:sh11dw:20200803232429j:plain


この間から筋肉アピールの激しいジェイク。
「お前これある?」
f:id:sh11dw:20200803232442j:plain

当たり前のように袖をめくるソンフン君。ほっそいのに…
f:id:sh11dw:20200803232456j:plain

ヤンキーに目をつけられた!
f:id:sh11dw:20200803232522j:plain

ジェイ君は男!って感じですよね若いのに。
f:id:sh11dw:20200803232536j:plain

筋肉が好きなのか?ジェイクめっちゃ嬉しそうだな。笑
f:id:sh11dw:20200803232548j:plain


ヤ○ザの若旦那がこっちを気にしている!
f:id:sh11dw:20200803232602j:plain

ジェイクの笑顔が固まりました。
f:id:sh11dw:20200803232623j:plain

5年間の差は大きかった!!!貫禄!!!
f:id:sh11dw:20200803232637j:plain
ジェイ君の顔www


急に筋肉タッチ会が開催されました。
f:id:sh11dw:20200803232657j:plain


平和。
f:id:sh11dw:20200803232711j:plain


グラウンド編に続。

ユニット選抜戦 本番/ダンス&総合結果(I-LAND)

惜しくも負けてしまったソヌ君ダニエルですが、「ニキ、見せてくれ!」とニキ君に期待を寄せました。
f:id:sh11dw:20200730205902j:plain

ニキ君ははにかんで「OK」と答えてました。
f:id:sh11dw:20200730205941j:plain


ダンスバトルはグラウンドが先攻です。
f:id:sh11dw:20200730210005j:plain
審査員のみなさんも、グラウンドの方が良いんじゃないか?と期待されてました。

ニキ君の入りが圧倒的なんですよね。
f:id:sh11dw:20200730210059j:plain

ニコラスが自分の得意なものを生き生きとしている姿が良かったです!
f:id:sh11dw:20200730210119j:plain

緊張がほぐれたからか、ニキ君のタンブリングを普通に楽しんでみてるゴヌ君かわいいですね。
f:id:sh11dw:20200730210134j:plain
f:id:sh11dw:20200730210149j:plain

最後はコミカルに仕上げたのは差別化できて良かったなと思います。
f:id:sh11dw:20200730210204j:plain

I-LANDの方も回って手を振るニキ君に、ハイタッチ求めるゴヌ君がかわいくてだな。
f:id:sh11dw:20200730210220j:plain


跳び跳ねて喜ぶハンビン君が相変わらずで安心しました。
f:id:sh11dw:20200730210242j:plain

みんなやりきって満足そうでした。
f:id:sh11dw:20200730210259j:plain

ニキ君に向かって、良かったよと合図するヒスン君と、それに答えるニキ君見て、シグナルソングのゴタゴタはどっか行ったんだな、そんないちいち気にしてるほど二人は小さい人間ではないとやっとわかったのですよ私は…倍以上生きているのに…情けな
f:id:sh11dw:20200730210313j:plain
f:id:sh11dw:20200730210328j:plain


ニキ君に対しては、100点満点中92~3点あげたいと、ピも惚れ込んでいました。
f:id:sh11dw:20200730210346j:plain



対するはI-LAND。
ソンフン君に変わった理由はグラウンドでも話題になりました。
f:id:sh11dw:20200730210409j:plain

テヨン君「ジェイ兄さんコンディション良くないのかな?正直ジェイ兄さんの方が上手いのに。」
ジミン君「そうだよね。」
f:id:sh11dw:20200730210423j:plain
グラウンドでもジェイ君が評価されてるの知ったら本人喜ぶと思うよー!

果たして二人が変わった理由は何でしょうか?
f:id:sh11dw:20200730210439j:plain
ところでジェイ君って池袋ウエストゲートパークに出てきそうですよねなんか。



2番パートが回転する部分があるのですが、それをジョンウォン君がジェイ君に教えていました。
f:id:sh11dw:20200730210458j:plain

バランス感覚が必要な動作に、なかなか成功することが出来ないジェイ君です。
f:id:sh11dw:20200730210514j:plain

それを見守っていたソンフン君は「こうやるんだよ!」と何度も回転していました。
f:id:sh11dw:20200730210533j:plain

ジェイ君「何でそんなに軽々できんの!?」
f:id:sh11dw:20200730210552j:plain

ソンフン君の軽々と成功する動作を見てもジェイ君はなかなか出来ません。
f:id:sh11dw:20200730210615j:plain


そんなジェイ君を見て、「ジェイがちょっと危ない…」と頭を悩ませるケイ君。
f:id:sh11dw:20200730210633j:plain

そして、隣で練習し続けるソンフン君に目をつけたのでした。
f:id:sh11dw:20200730210653j:plain

「お前よりもソンフンの方が練習量多いみたいなんだけど?」と言われて、ジェイ君は顔が暗くなってしまいました。
f:id:sh11dw:20200730210709j:plain



選抜メンバーじゃないのにずっと練習するソンフン君を見て、悩むケイ君は中間管理職セオン君の元を訪れました。
f:id:sh11dw:20200730210726j:plain

ジェイ君が何度やっても出来ないことを嘆くケイ君。
f:id:sh11dw:20200730210746j:plain

思いもよらない状況にセオン君は開いた口がふさがりません。
f:id:sh11dw:20200730210801j:plain

ケイ君「パート変えなきゃ!」
f:id:sh11dw:20200730210817j:plain

セオン君「えぇ?!」
f:id:sh11dw:20200730210834j:plain
マスオさんみたいな声本当に出す人いるんだな。

ソンフン君がもっと上手で、アクロバティックも出来ることをケイ君が呟くと、「兄さんが思うに、ソンフンがもっといい?」とセオン君が引き出しました。
f:id:sh11dw:20200730210848j:plain


重役を担ったセオン君はソンフン君を呼び出し、ケイ君の意見を伝えました。
f:id:sh11dw:20200730210906j:plain

ジェイ君とは長く一緒にやってきたため、ジェイ君を思うと悩むソンフン君でした。
f:id:sh11dw:20200730210923j:plain

ケイ君に「お前の気持ちは?」と聞かれ、ソンフン君が返答に困っているところにジェイ君が現れました。
f:id:sh11dw:20200730210940j:plain

ジェイ君に申し訳ない気持ちと、ステージに立ちたい気持ちが半々だったというソンフン君。
f:id:sh11dw:20200730210956j:plain

ソンフン君と、何も知らないジェイ君が一緒に練習する姿を見て、変えたいとは言ったものの心が痛むケイ君でした。
f:id:sh11dw:20200730211017j:plain



本番まで約2日を残し、セオン君の掛け声で全員が集まりました。
f:id:sh11dw:20200730211051j:plain

セオン君「ダンス総代を変えるのはどうかという話なんだけど。」
f:id:sh11dw:20200730211104j:plain

ソンフン君と変える意見が出たと聞いたジェイ君はとてもショックそうでした。
f:id:sh11dw:20200730211118j:plain

ジェイ君がプライド高いことを知ってるソンフン君は、ジェイ君の顔が見ることが出来ません。
f:id:sh11dw:20200730211140j:plain


多数決をとる為に2人とも一度踊ってみることになりますが、ナーバスなソンフン君にジェイクが「出来そう?」と話しかけていました。こんな風に気を遣える友達いいなぁ。
f:id:sh11dw:20200730211157j:plain

ジェボム君はジェイ君に気を遣ってるし…
f:id:sh11dw:20200730211209j:plain

負担感がやばいというジェイ君に「俺らの運命を背負ってるんだよ」とジェボム君が答えていたんですが、ジェボム君がなんで落ちなかったのかわかりました。この子はめちゃくちゃバランスとってるんだわみんなの。本人のストレスが心配ですが。
f:id:sh11dw:20200730211232j:plain

変わるときは変わるわ!と気合いを入れて髪を結ぶジェイ君。
f:id:sh11dw:20200730211255j:plain

そんなジェイ君を見て「おぉ~」とゴヌ君が湧いております。
f:id:sh11dw:20200730211309j:plain

目付きが強いな!
f:id:sh11dw:20200730211322j:plain


気合いの入ったジェイ君を見て、ソンフン君も負けてらんないと表情まで気を配ってました。
f:id:sh11dw:20200730211339j:plain


投票ではソンフン君が6票を得ました。
f:id:sh11dw:20200730211353j:plain
選抜メンバーであるケイ君ジョンウォン君も、キーマンセオン君ゴヌ君も手を挙げてました。

ジェイ君は4票。
f:id:sh11dw:20200730211409j:plain
グラウンドから一緒にやってきたギョンミン君やヨンビン君の義理堅さが伺えました。



選抜メンバーを外れ、落胆するジェイ君。
f:id:sh11dw:20200730211426j:plain

そのあとジェイ君はケイ君を探しに行きました。
f:id:sh11dw:20200730211440j:plain

そのままジェイ君はケイ君に抱きついて泣いてしまいました。
f:id:sh11dw:20200730211456j:plain
グラウンドにいるときからケイ君と一緒に踊りたかったからありがたかったというジェイ君。
これ見てジェイ君応援したい気持ちが爆発しました。

ジェイ君ー!!!!

一方のソンフン君は一緒に練習してくれてた02ズにお礼を言ってました。
f:id:sh11dw:20200730211526j:plain

ウィジュ君「信じてるよー!」
f:id:sh11dw:20200730211539j:plain

頑張れ!と出ていくウィジュ君とジェボム君の隣で、鏡に向かって「身体良くね?」って自分の筋肉確認してるジェイクもなかなかツンデレだな!
f:id:sh11dw:20200730211557j:plain


そしてジェイ君が戻ってきて、応援したいとソンフン君に振り付けの細かい部分を教えてあげてました。
f:id:sh11dw:20200730213440j:plain
ジェイ君ー!!!かっこよすぎる!!!

ジェイ君「俺がグラウンドに行くか行かないかはお前にかかってるんだからな」
f:id:sh11dw:20200730213504j:plain

ソンフン君「OK~」
f:id:sh11dw:20200730213520j:plain
02ズのわちゃわちゃした感じもいいけど、長年連れ添った夫婦感がいいねこの二人は…(ジェイ君も02だけどさ)

そして隣にくっついてるギョンミン君はワンコなのかな?
f:id:sh11dw:20200730213539j:plain



いよいよ本番です!
f:id:sh11dw:20200730213559j:plain

ジョンウォン君、表情とか雰囲気とか掴むの上手いなー!
f:id:sh11dw:20200730213615j:plain

ソンフン君、特技をぶっこんできた!
f:id:sh11dw:20200730213632j:plain

これにはジェイ君も興奮を抑えきれません。
f:id:sh11dw:20200730213647j:plain


ジョンウォン君はどんなコンセプトでもこなせるんだろうな~。
f:id:sh11dw:20200730213705j:plain

ニキ君の表情が歪んでいきましたが、羨ましかったんじゃないかなぁと、このレベルの高い子達と一緒にやりたかったんじゃないかなぁと私は感じました。
f:id:sh11dw:20200730213722j:plain

めちゃくちゃぶれましたがジョンウォン君も特技のテコンドー!
f:id:sh11dw:20200730213744j:plain
みんなが得意なことを見せるけど統一感あるのがすごいなぁと思いました。


極めつけはこのケイ君!!I-LANDという番組の伝説になるだろう。
f:id:sh11dw:20200730213812j:plain

みんな真似しちゃいますね!
f:id:sh11dw:20200730213826j:plain



そしていよいよ結果発表です。
ボーカルの点数を合計した点数を発表されます。
f:id:sh11dw:20200730213851j:plain

I-LANDは154点でした。
f:id:sh11dw:20200730213905j:plain

ウィジュ君「73点だ。」
f:id:sh11dw:20200730213922j:plain
どのグループにも1人はいる計算早い子がここにもいます。

テヨン君「俺ら何点とればいい?」
ソンチョル君「81点!81点とれば勝てる!」
f:id:sh11dw:20200730213939j:plain
現役高校生は計算が早いのぅ…



果たしてグラウンドの点数は??
f:id:sh11dw:20200730213956j:plain



139点でした。
f:id:sh11dw:20200730214014j:plain

抱き合って喜ぶI-LANDの選抜メンバー。
f:id:sh11dw:20200730214029j:plain
ヒスン君は相変わらず横顔美しいし、ゴヌ君はジョンウォン君に女の子みたいな腕の回し方するのね。

ジェホ君は、ついていこうというエネルギーは見てる方に通じたけれども、違うフィールドにいる雰囲気があったと言われてしまっていました。確かにちょっと浮いてたかなぁと思います。
f:id:sh11dw:20200730214049j:plain


立ち上がってダンスユニットのところにいくダニエルとソヌ君ですが、切り替えてちゃんと笑顔のソヌ君にすごいなぁと感心しました。
f:id:sh11dw:20200730214153j:plain

ソヌ君の「チャレッソ~」の言い方がオネエでツボです。
f:id:sh11dw:20200730214209j:plain


ゴヌ君めちゃくちゃ泣いたんだなぁ。
f:id:sh11dw:20200730214222j:plain

I-LANDとグラウンドが挨拶を交わす中、色んな考えがめぐってなかなかそこに行けないダニエル。
f:id:sh11dw:20200730214236j:plain

そんなダニエルに近付いて抱き締めたジョンウォン君、本当に回りを見てる子だよ君は…。今日も仕事中に「ジョンウォン君ってめちゃくちゃモテんだろうなぁ。」とかふと考えてました。
f:id:sh11dw:20200730214249j:plain



4番目のテストに続きます!

ユニット選抜戦 本番/ボーカル編(I-LAND)

番組では4回と5回に分かれるんですが、キリ悪いので記事はまとめますね!



本番を控え、I-LANDとグラウンドのお互いの練習動画が公開されることになりました。
f:id:sh11dw:20200727213548j:plain

ゴヌ君そこ狭くない?笑
f:id:sh11dw:20200727213610j:plain


途中で公開するのは緊張感ありますね!
f:id:sh11dw:20200727213632j:plain

思いの外上手で口開けて見ちゃうヒスン君。
f:id:sh11dw:20200727213649j:plain


I-LANDの安定感見たら焦るな。
f:id:sh11dw:20200727213704j:plain

ジェホ君「みんなが何でヒスンヒスン言うのかわかったわ。」
f:id:sh11dw:20200727213724j:plain
私もわかりました。


ダンスはニキ君が圧巻ですね。
f:id:sh11dw:20200727213745j:plain

ジェイ君「ニキは本当に歯を食いしばってやるのよ。」
f:id:sh11dw:20200727213803j:plain
ジェイ君はニキ君のこと、ただ上手とかじゃなくて、努力とかも認めてるんだなぁと思いました。

ケイ君はグラウンドにはニキ君がいるから、自分たちもかなり練習しないと危ないと感じているようでした。
f:id:sh11dw:20200727213832j:plain



そして迎えた本番当日。
f:id:sh11dw:20200727213859j:plain


衣装に着替えて朝から練習するゴヌ君とヒスン君。
f:id:sh11dw:20200727213924j:plain

ヒスン君が緊張のあまり声が出ない場面もありました。
f:id:sh11dw:20200727213940j:plain

これにはみんなびっくり。
f:id:sh11dw:20200727213959j:plain

ステージ上がる前までずっと反復していたり、ヒスン君のこんな姿は初めて見たとゴヌ君もびっくりしていました。
f:id:sh11dw:20200727214025j:plain

ずっと練習しているヒスン君をずっと口開けて見てる02ズかわいいな。
f:id:sh11dw:20200727214053j:plain
f:id:sh11dw:20200727214109j:plain


掛け声をして選抜メンバーを送り出す12人。
f:id:sh11dw:20200727214127j:plain

ピが掛け声を作れといってたのにがっかりしてたらジコに「それは最近のスタイルじゃないんですよ。」と笑われてました。ちゃんと言えるジコ偉いな。笑
f:id:sh11dw:20200727214146j:plain



ゲートからステージに向かうI-LANDER。その中にはジェイ君ではなくてソンフン君の姿がありました。
f:id:sh11dw:20200727220406j:plain
f:id:sh11dw:20200727220424j:plain

ソンドゥクディレクターは、ジェイ君のときは力強い感じだったけどソンフン君はフィギュアスケーターだったからテンションが異なるのではないかと、変わった理由が気になっているようでした。
f:id:sh11dw:20200727220459j:plain


ヒスン君はステージに上がってからもパフォーマンスの練習してました笑
f:id:sh11dw:20200727220513j:plain

若干カメラ目線だったからか、これには見守ってたI-LANDERの子達も湧いてました。
f:id:sh11dw:20200727220531j:plain


そしてグラウンドでも練習動画から2人が変わっておりました。
f:id:sh11dw:20200727220549j:plain

ダニエル身長いくつなんだろうな…
f:id:sh11dw:20200727220603j:plain

そしてニコラスはいつも切れたナイフみたいな目付きしてるな笑
f:id:sh11dw:20200727220618j:plain



一番目はI-LANDのボーカルユニットです。

ヒスン君「ファイティン」
f:id:sh11dw:20200727220645j:plain

ゴヌ君「良いよ」
f:id:sh11dw:20200727220700j:plain
の流れが好きすぎて5回見ました。

見守るギョンミン君乙女だ。
f:id:sh11dw:20200727220725j:plain

言葉はいらない。
f:id:sh11dw:20200727220804j:plain
f:id:sh11dw:20200727220827j:plain

この床が歪むステージはハンデなのかなぁと思いました。これめちゃくちゃ踊りにくいだろ。
f:id:sh11dw:20200727220743j:plain

そして"Butterfly"の時のヒスン君の微笑むような表情、めちゃくちゃ練習したんだろうな…最高です。
f:id:sh11dw:20200727220849j:plain


審査員の皆さんも、安定的で、特にヒスン君を見ながら驚いたという評価でした。
f:id:sh11dw:20200727220913j:plain

最善を尽くした2人を迎え入れるダンスユニットのみんなでした。
f:id:sh11dw:20200727220931j:plain



続いてはグラウンドのボーカルユニット。ニキ君とニコラスが手を出さないのはなぜだぜ…
f:id:sh11dw:20200727220955j:plain


ソヌ君はやっぱり表情上手いなー。
f:id:sh11dw:20200727221016j:plain

ダニエルは中2でこんな切ない顔出来るのなぜですか!
f:id:sh11dw:20200727221035j:plain

二人の声の相性素晴らしいですよね。
f:id:sh11dw:20200727221057j:plain

ゴヌ君も最初真顔だったのにだんだん口開いてきましたね!
f:id:sh11dw:20200727221114j:plain

最後のダニエルの表情よ!!
f:id:sh11dw:20200727221136j:plain


グラウンドのみんなの喜び方が幼くてかわいいわ。
f:id:sh11dw:20200727221153j:plain



そしていよいよ点数公開となりましたが、ダニエルは俯いて泣いてしまいました。
f:id:sh11dw:20200727221240j:plain

ダンスユニットのみんなも、良かったよ!と励ますもののもっといい姿を見せられたはずなのにとダニエルはストイックだわ…
f:id:sh11dw:20200727221305j:plain


まずはI-LANDの点数からです。

ドキドキしてるみんながもれなくかわいいです。
f:id:sh11dw:20200727221323j:plain
f:id:sh11dw:20200727221351j:plain

ヒスン君&ゴヌ君は81点でした!
f:id:sh11dw:20200727221403j:plain


そしてソヌ君&ダニエル。
f:id:sh11dw:20200727221426j:plain

74点で惜しくも届きませんでした。
f:id:sh11dw:20200727221750j:plain


ヒスン君の力んだ喜び顔が独特でじわる。
f:id:sh11dw:20200727221849j:plain

ヒスン君に抱きつくゴヌ君の顔が(>_<)そのもので愛しいです。
f:id:sh11dw:20200727221907j:plain


憂いを帯びたソヌ君は女の子みたいに綺麗だな。色っぽ。
f:id:sh11dw:20200727221922j:plain


ダニエルがゴヌ君に「会いたかったのに…」って言ってるのが子供を感じてかわいかったです。
f:id:sh11dw:20200727222016j:plain

いや、しかしダニエルがゴヌ君の頭撫でてるの!!え!!動揺…(私が)
f:id:sh11dw:20200727222035j:plain


自分やべぇ奴だなと思いながらダンス編に続きます。

ユニット選抜戦 練習&中間発表編(I-LAND)

演出なのか画像補正なのか、寝てるときこんな色の明かりだったら嫌だな…笑
f:id:sh11dw:20200726141111j:plain

パープルルームのこの子は誰ですか?寝癖つきやすいんだね!ジェイ君に見えるけどね!
f:id:sh11dw:20200726141128j:plain


みんなが寝てる時間でも遅くまで練習しているボーカルユニットのゴヌ君とヒスン君です。
f:id:sh11dw:20200726141149j:plain


ダンスユニットのリーダーとなったケイ君も、眠れずに一人で振り付け創作に取りかかっていました。
f:id:sh11dw:20200726141211j:plain

今回負ければ自分以外の子達もグラウンドにいく可能性があるので、ものすごく神経をつかったみたいです。
f:id:sh11dw:20200726141224j:plain



夜中だけでなく、朝からも選抜メンバーたちは練習を始めました。
f:id:sh11dw:20200726141245j:plain
f:id:sh11dw:20200726141307j:plain

他の子達は一緒に練習してステージに立てたら楽しいけど、今は選抜メンバーを信じて任せるしかないとヤキモキしてました。
f:id:sh11dw:20200726141352j:plain


セオン君は選抜メンバーを労ってあげたくて、ご飯の時間も「大丈夫?」と気遣っていました。
f:id:sh11dw:20200726141418j:plain

しかしながら3人みんなに「全然大変じゃないです~」と言われて心配無用でした。
f:id:sh11dw:20200726141451j:plain
f:id:sh11dw:20200726141520j:plain
f:id:sh11dw:20200726141545j:plain

セオン君「それは良かった。」
f:id:sh11dw:20200726141606j:plain


ヨンビン君も何かしてあげたくて、休憩していたゴヌ君にビタミンのパウチかなんかを渡してました。
f:id:sh11dw:20200726141634j:plain
「うん?」って上目遣いで受けとるゴヌ君かわいいな!

照れてるお母さん…
f:id:sh11dw:20200726141653j:plain


ボーカルユニットの個人練習室をジェボム君ヨンビン君ギョンミン君の3人が訪れていました。
f:id:sh11dw:20200726141727j:plain

鏡にもたれかかってるゴヌ君を抱き締めにいくギョンミン君…
f:id:sh11dw:20200726141746j:plain

抱き締めにいく応援方法…素敵…
f:id:sh11dw:20200726141809j:plain


別の時、ギョンミン君はパントリーでお菓子を持ってどこかに向かいました。
f:id:sh11dw:20200726141845j:plain

ダンスユニットも練習しておりましたが、ジェイ君はお腹すいて死にそうだと辛そうでした。
f:id:sh11dw:20200726141910j:plain

その時お菓子を持って現れたのはギョンミン君とジェボム君。
f:id:sh11dw:20200726141930j:plain

ジェイ君の命を救った。
f:id:sh11dw:20200726141953j:plain


I-LANDに来たばかりのギョンミン君は、次のステージをみんなで出来るように兄さんたちを信じたいとのことでした。
f:id:sh11dw:20200726142033j:plain
高1?スタイルお化け…

ギョンミン君急なフォーカス!かわいさにスタッフさん抗えなくなったんですねわかります。
f:id:sh11dw:20200726142053j:plain
f:id:sh11dw:20200726142109j:plain



他の子達は選抜メンバーじゃなくても同じ振り付けを練習することにしたようです。
f:id:sh11dw:20200726142225j:plain

ソンフン君「早く練習しなきゃ」
ジェイ君「ちょっとした」
f:id:sh11dw:20200726142259j:plain

ソンフン君「どこまで?」
ジェイ君「その…俺が3番で一人でやるところあるじゃん。そこが出来ない。」
f:id:sh11dw:20200726142324j:plain

ソンフン君「でもやらなきゃ…」
f:id:sh11dw:20200726142343j:plain
笑顔で隣に座ったギョンミン君よ…

選抜メンバー以外の子達も、怪我や調子が悪くなった時のために1軍2軍みたいな感じで練習しようと話し合いで決めてたみたいです。
f:id:sh11dw:20200726142406j:plain


今回はステージに立てないけれど、ソンフン君は実力をアップグレードさせる為に一人で練習に励んでおりました。
f:id:sh11dw:20200726142429j:plain
さすがアスリートは精神も強い…


ダンスユニット②なのか、ウィジュ君ジェイクソンフン君の3人が一緒に練習しています。
f:id:sh11dw:20200726142450j:plain
息びったりの自分たちに感動していました。

ウィジュ君「お前なにどし?」
ソンフン君「うまどし。」
f:id:sh11dw:20200726142509j:plain

ウィジュ君「お前なにどし?」
ソンフン君「うまどし。」
ウィジュ君「俺もうまどし。だから合うんだよ!!」
f:id:sh11dw:20200726142602j:plain


ジェイク「何年生まれ?」
f:id:sh11dw:20200726142633j:plain

「「「2002年!!!」」」
f:id:sh11dw:20200726142657j:plain
そりゃそうだろwww

ソンフン君「2002年何が有名だった?」
f:id:sh11dw:20200726142728j:plain

「「「ワールドカップ!!!」」」
f:id:sh11dw:20200726142747j:plain
そうか日韓ワールドカップか…アンジョンファンとかゴーンとか懐かしいな…


ソンフン君「俺ら02ズチーム作ろうぜ!」
f:id:sh11dw:20200726142816j:plain
フィギュアスケート個人競技だったから、チームで出来ることが楽しそうだな~と思いました。

青春の画だ。
f:id:sh11dw:20200726142846j:plain


その日の夜、「俺ここで寝るわ~」とソンフン君のベッドにジェイクが入り込みました。
f:id:sh11dw:20200726142914j:plain

嫌そうにしながらも嬉しそうなソンフン君見て私がにやにやしちゃった。
f:id:sh11dw:20200726142930j:plain

同じ部屋のもう一人(ジェイ君かな?)お察しします。笑
f:id:sh11dw:20200726142946j:plain



一方グラウンドではニコラスがビーボーイを披露して「俺らが勝った!!」と喜々としていました。
f:id:sh11dw:20200726143005j:plain

ニキ君のタンブリングも問題なさそうですね。本当になんでもできんのね…
f:id:sh11dw:20200726143022j:plain

ニキ君とニコラスは息も合って楽しそうですね。
f:id:sh11dw:20200726143228j:plain

しかしニキ君とジェホ君は、ジェホ君のやる気が強すぎるのかあんまり合わないようでした。
f:id:sh11dw:20200726143257j:plain

ジェホ君に丁寧に教えるニキ君ですが、ジェホ君がネックとなり自信を失っていました。
f:id:sh11dw:20200726143314j:plain


ジェホ君に不安を覚えたニキ君は、ハンビン君に「なんでダンス選ばなかったの?」と聞きました。
f:id:sh11dw:20200726143345j:plain

ハンビン君は「他の子たちがみんな上手だよ~だから自信ない。」とネガティブなお返事。
f:id:sh11dw:20200726143426j:plain

ニキ君「僕はハンビン兄さんとジェホ兄さんとちょっと迷ったんです。ジェホ兄さんも上手いんだけど、スタイルが合わないんですよ、僕とニコラス兄さんと。」
f:id:sh11dw:20200726143451j:plain
ニキ君は入場テストでjoppingメンバーだったからタイミングとスタイルが上手く合うのでハンビン君に検討してほしいと話していました。

変えられる?の質問に首を振るハンビン君。
f:id:sh11dw:20200726143510j:plain

ジェホ君のことを考えると心が痛いから変わりたくないというハンビン君でしたが、チームのことを考えてほしいと言われて表情の曇っていました。
f:id:sh11dw:20200726143527j:plain



中間発表ではまたピとソンドゥクディレクターがI-LANDを訪れました。
f:id:sh11dw:20200726143552j:plain

ピ兄さんに「グラウンドでは兄さんにたくさん怒られてよかっただろ?」と聞かれ、ジェイ君は「その言葉で頑張りました!」と笑っていました。
f:id:sh11dw:20200726143633j:plain


ボーカルユニットメンバーをきかれてゴヌ君とヒスン君が手を挙げました。
f:id:sh11dw:20200726143655j:plain

ピ「ゴヌ?」
f:id:sh11dw:20200726143713j:plain

見えないからかそそくさと出てくるゴヌ君おかわ。
f:id:sh11dw:20200726143731j:plain


ダンスユニットも手を挙げましたが、「予想通りだ」とピは感想を述べてました。
f:id:sh11dw:20200726143752j:plain


選抜メンバー以外の子たちは志願者いないの?と機会を設けたピ先輩。
f:id:sh11dw:20200726143811j:plain

セオン君が「練習はみんなして、いつでももっと上手い人が代わることができるという仮定でみんな練習していました。」と答えていました。
f:id:sh11dw:20200726143843j:plain

この方法に、お前らの戦略はいい!拍手を送ろう!とピも褒めていました。
f:id:sh11dw:20200726143919j:plain

隣にいたセオン君を見て拍手するヨンビン君。お母さん!
f:id:sh11dw:20200726143936j:plain

そしてギョンミン君の顔小さすぎて、そんな機会もないけど隣に並びたくないと思いました。ごめんなジェボム君…
f:id:sh11dw:20200726143952j:plain


まずはヒスン君とゴヌ君の中間発表です。
f:id:sh11dw:20200726144010j:plain

ヒスン君もゴヌ君も感情の込め方と抑揚が上手い。
f:id:sh11dw:20200726144420j:plain
f:id:sh11dw:20200726144437j:plain

そして踊りながらもブレないのすごいなー。
f:id:sh11dw:20200726144454j:plain

ピ先輩も強弱のつけ方がすごく上手くて、何も教えることはないと称賛していました。
f:id:sh11dw:20200726144509j:plain

褒められてうれしそうなヒスン君、歯並びがきれいだね!
f:id:sh11dw:20200726144539j:plain


続いては2軍のジェボム君とヒスン君が披露する番です。
f:id:sh11dw:20200726144621j:plain

セオン君もジェボム君も緊張と気合のせいか最初っから全力で歌いすぎかな。
f:id:sh11dw:20200726144700j:plain
f:id:sh11dw:20200726144741j:plain

ピ「一言だけ言うわ。ヒスンとゴヌは絶対怪我するな!」
f:id:sh11dw:20200726144811j:plain
笑いながら言うからあんまり嫌な感じしないですよね。

初めから感傷に浸りすぎだとの評価でした。
f:id:sh11dw:20200726144844j:plain

「あとお前!始まる前になんで兄さんのことをそんなに奥ゆかしい目で見てくるんだ!」
f:id:sh11dw:20200726144905j:plain

wwwww
f:id:sh11dw:20200726144926j:plain

セオン君これは恥ずかしい笑
f:id:sh11dw:20200726144947j:plain



続いてはダンスユニットの中間発表。
緊張するジョンウォン君をお母さんが送り出します…
f:id:sh11dw:20200726145008j:plain

今回は自分の曲もあるから更に期待しているというピ先輩。
f:id:sh11dw:20200726145029j:plain


ジョンウォン君高1とかまじかぁとなるレベル…これジョンウォン君がグラウンドに行ってたらグラウンドの完全勝利だったなと思いました。
f:id:sh11dw:20200726145049j:plain

3曲目はケイ君が創作したOne of a Kindです!
f:id:sh11dw:20200726145102j:plain


ソンドゥクディレクターも振り付けを高評価しておりました。
f:id:sh11dw:20200726145127j:plain

プロに褒められてI-LANDに来て一番嬉しかったというケイ君です。
f:id:sh11dw:20200726145146j:plain

ジョンウォン君もケイ君もピ先輩に褒められて自分の番を待っていたジェイ君ですが、何もなく次に進んでしまったのでした。
f:id:sh11dw:20200726145209j:plain


グラウンドでもやっていた掛け声をI-LANDでもしたいというピ先輩の要望により14人で掛け声をしました。やっぱ掛け声って大事ですよねテンション的に。
f:id:sh11dw:20200726145227j:plain



グラウンドにはジコとディレクターのお2人が訪れました。
f:id:sh11dw:20200726145257j:plain

ボーカルメンバーは変わらずソヌ君とソンチョル君です。
f:id:sh11dw:20200726150352j:plain

ジコに「他にやりたいっていう子は?」と聞かれて以前喉の調子で諦めたダニエルが手を挙げました。
f:id:sh11dw:20200726150549j:plain


ダンスはニキ君とニコラス。
f:id:sh11dw:20200726150628j:plain

そしてもう一人はハンビン君になっておりました。
f:id:sh11dw:20200726150656j:plain


ニキ君が、ジェホ君をハンビン君に変更したいと言っていたあの日、ジェホ君も交えて話し合いが行われていたみたいです。
f:id:sh11dw:20200726150719j:plain

ここでの中間管理職テヨン君に、やりたいかを聞かれて自信がないというハンビン君。
f:id:sh11dw:20200726150752j:plain

それを聞いたジェホ君は「ダンス代表はやりたいけど自信ないの?」と怪訝そうでした。
f:id:sh11dw:20200726150806j:plain

ニキ君「そういう部分は僕らが助けられるから。」
f:id:sh11dw:20200726150823j:plain
ニキ君はどうしてもハンビン君を推したいのが伝わりました。


改めて再投票することになりましたが、ニキ君とニコラスのスタイルにはやっぱりハンビン君が合うんだよなぁ。
f:id:sh11dw:20200726151149j:plain

ジェホ君は上手いんだけど、力を入れてきびきび動くことが上手いと思っている感じなんですよね。
f:id:sh11dw:20200726151215j:plain

恐らくみんながニキ君のことを察したのか根回ししていたのか、投票の結果ハンビン君に決まりました。
f:id:sh11dw:20200726151240j:plain



ジコとディレクター2人への中間発表はボーカルから始まりましたが、緊張のあまりにしゃがみこんでしまうソンチョル君。
f:id:sh11dw:20200726151303j:plain

自分もボーカルやりたいのに駆け寄っていって「喉一回震わしてください」ってアドバイスしているダニエルは本当に何歳なんでしょうか。
f:id:sh11dw:20200726151337j:plain


ソヌ君は音程も声色も雰囲気完全に掴んでいますね。
f:id:sh11dw:20200726151418j:plain

ソンチョル君は緊張もあるんでしょうが安定していませんでした。
f:id:sh11dw:20200726151432j:plain

ジコもソヌ君については、原曲とトーンがとても合っていて、本人の元々持っているボイスカラーと曲の選定をうまく出来ているのですごく聴いているほうに伝わってきたと称賛していました。
f:id:sh11dw:20200726151736j:plain

ソンチョル君は、音程が震えていて自信感がないので、発声的に解決していけばいいと言われていました。
f:id:sh11dw:20200726151803j:plain


他にも誰か歌ってみたい人いる?と聞かれてみんな下を向いていました。
f:id:sh11dw:20200726151827j:plain

「さっき手挙げてなかった?」と言われて顔を上げるダニエル。
f:id:sh11dw:20200726151917j:plain

喉の状態は良くなくとも、ずっと一人で練習していたんですね。
f:id:sh11dw:20200726151847j:plain

最初の投票の時から格段に良くなっていますね!
f:id:sh11dw:20200726151934j:plain

ディレクターさんも「トーンと雰囲気がすごくいい!!」と絶賛。
f:id:sh11dw:20200726151947j:plain

評価を聞きながらソンチョル君の表情がどんどん曇っていきます。
f:id:sh11dw:20200726152017j:plain

この様子を見て、グラウンド中間管理職テヨン君は、代表メンバーを変えなきゃならないか?と悩んでいました。
f:id:sh11dw:20200726152035j:plain



続いてはダンスユニット
f:id:sh11dw:20200726152226j:plain

最初は順調でしたが、だんだん崩れ始めました。
f:id:sh11dw:20200726152239j:plain

ハンビン君は緊張していたのと、最後までちゃんと振り付け覚えきれてなかったので何度も間違ってしまっていました。
f:id:sh11dw:20200726152251j:plain


ディレクターが、ジェホ君に踊ってみろと言って席を立つジェホ君ですがちょっとうれしそうだな…そりゃそうだな…
f:id:sh11dw:20200726152318j:plain

ハンビン君とジェホ君に二人で踊ってみることに。
f:id:sh11dw:20200726152337j:plain

時間の問題もあるでしょうけど、グルーヴ(言ってみたかっただけです)はハンビン君の方がいいんだよなぁ~
f:id:sh11dw:20200726152349j:plain

ドゥブさんはジェホ君の方がグルーヴの感じがいいと言って(私と気が合わねぇな)全体的にそういうところも考えて話し合いをしてほしいと伝えていました。
f:id:sh11dw:20200726152400j:plain


果たして最終的にメンバーはどうなるのでしょうか?

ユニット選抜戦 選抜メンバー決定&練習(I-LAND)

4人を涙で見送ったI-LANDは、次は2人か0人にしようと更に目標を高めました。
f:id:sh11dw:20200723185342j:plain


グラウンドから来るメンバーをみんな予想します。
ウィジュ君「ジェホ兄さん?ジェイ?」
ソンフン君「俺はジェイク…ジェイクが来たらいいな。2ジェイが来そうなんだけど?」
f:id:sh11dw:20200723185411j:plain
ソンフン君どんだけジェイクのこと好きなの!


グラウンドからの充員メンバーを乗せたゲートが動き始め、「何なの!見えない!」ってテンション高めなコヌ君はじめみんなわくわくしてます。
f:id:sh11dw:20200723185442j:plain
f:id:sh11dw:20200723185500j:plain


ジェイ君「俺が戻ってきたぞ!!!」
f:id:sh11dw:20200723185527j:plain
予想してた2ジェイと、バスケ部ヨンビン君、小顔ギョンミン君の4人がやってきました。

入場テストで涙の別れをしたコヌ君とギョンミン君の感動の再開!!
f:id:sh11dw:20200723185545j:plain

ジェイ君と会えて嬉しそうなケイ君はダンスの系統が合うんだろうな。
f:id:sh11dw:20200723185624j:plain

ジェイクがやってきて誰よりも嬉しそうよソンフン君。
f:id:sh11dw:20200723185653j:plain

ヨンビン君を抱き締めて、「僕らのママが帰って来たー!」ってジョンウォン君が言ってたんですが、そうなの?ヨンビン君ママなの?そんなこと言われたら急にママにしか見えなくなったし応援したくなったじゃないか!!
f:id:sh11dw:20200723185750j:plain


ジコ(兵役頑張って下さい)は、ジミン君ヨンビン君ギョンミン君の流れがすごく良かったと評価していました。(そうなるとジミン君の立場よ…)
f:id:sh11dw:20200723185826j:plain

中でもヨンビン君は重要なパートで目に入ってきたし、表情も自然で前回よりも上手くなったとのことでI-LAND入りしました。
f:id:sh11dw:20200723185854j:plain


ソンフン君「まじで恋しかった。」
f:id:sh11dw:20200723185924j:plain
ソンフン君にそんなこと言われて好きにならない人がこの世にいるんでしょうか。会いたかったじゃなくて恋しかったですよ。I love you並に言わないですよ。「まじで月がきれいだった。」って訳にしたいくらい言わないですよ。

ジェイクは一番最初のラップパートでの腕を振るジェスチャーで視線を集めて、ずっとエナジーを失わずにパフォーマンスを行っていたという評価でした。
f:id:sh11dw:20200723185947j:plain


今までは具合が悪かったせいもあるだろうけど、I-LANDに来れたしコヌ君に会えたしすごく顔色良くなったギョンミン君です!
f:id:sh11dw:20200723190010j:plain

自分のパートのAll night longで腕を振りかざす動作と表情が高く評価されてのI-LAND入りです。
f:id:sh11dw:20200723190032j:plain
ニキ君にダンスを集中的に注意されてましたが、本番での様子を見て、もしかするかもと思いましたが本当にもしかしましたね。私は審査員のみなさんと嗜好が似ているのか…まぁみんな同世代だろうしな…笑


ケイ君にずっと待ってたと抱き締められて「遅くなったわ。」と答えるジェイ君本当にツンデレだな。
f:id:sh11dw:20200723190053j:plain

「でもニキが来られなかった…」
f:id:sh11dw:20200723190107j:plain
グラウンドでのジェイ君とニキ君はお互いビジョンが同じ同志だったから一緒に来たかったでしょうね。

ジェイ君はセンターとして、ステージでもチームを上手く引っ張っていましたね。納得のI-LAND復帰です。
f:id:sh11dw:20200723190130j:plain

新しい12人の幕を見て、はじめてのI-LANDとなるギョンミン君は考えが深そうでした。
f:id:sh11dw:20200723191224j:plain
f:id:sh11dw:20200723191250j:plain
横顔完璧にだな!



I-LANDとグラウンドに続いてのテストが発表されます。
f:id:sh11dw:20200723191334j:plain

ソヌ君とテヨン君はボーカルを見せられるボーカル曲がいいなと期待していました。
f:id:sh11dw:20200723191404j:plain
二人とも我慢してラップしたんだな前回…



3番目のテストは、総代ユニットです!このブログではわかりにくいのでユニット選抜戦とします!
f:id:sh11dw:20200723191456j:plain

ボーカルとダンスの対決と聞いて、「やろう!!出来るよ!!」とテンションたかめのゴヌ君でございます。
f:id:sh11dw:20200723191524j:plain

「俺ら…出来るよ。」とジェイクを包み込むソンフン君がソヌ君に対してめちゃくちゃ塩だったんだなと思い知らされてつらい。私が。
f:id:sh11dw:20200723191545j:plain


ボーカル2名、ダンス3名でゴヌ君とケイ君映すセンスな。
f:id:sh11dw:20200723191649j:plain
f:id:sh11dw:20200723191709j:plain

ジョンウォン君とギョンミン君は同じ2004年生ですね!元々知り合いだったっぽい距離感!
f:id:sh11dw:20200723191729j:plain


この対決は、グラウンドが勝ったら6人がI-LANDと交代となり、I-LANDが勝てばメンバーチェンジがないという一か八かのテストとなります。
f:id:sh11dw:20200723191746j:plain



ソヌ君に「ダンスニキ行こうぜー!!!」と言われてニヤつくニキ君。
f:id:sh11dw:20200723191804j:plain

ソヌ君「ダンスは僕らが有利だわ。」
f:id:sh11dw:20200723191821j:plain

ダニエル「ダンス待って!ニコラス兄さんいるよ僕ら!」
f:id:sh11dw:20200723191848j:plain


興奮するソヌ君とダニエルに対し、ネガティブソンチョル君が「それは問題じゃなくて、あそこ(I-LAND)は俺らと正直レベルの差が激しい…」と心配していました。
f:id:sh11dw:20200723191920j:plain

ニキ君も、全体的に見てI-LANDにいる子たちが高い実力を持っているのでそれが心配だと言っていました。
f:id:sh11dw:20200723191952j:plain



ボーカルユニット曲の公開でゴヌ君をバックハグするギョンミン君、心臓に悪い。(ありがとう)
f:id:sh11dw:20200723192010j:plain

ボーカル曲はBTSのButterflyです。
f:id:sh11dw:20200723192037j:plain

ゴヌ君とジョンウォン君がヒスン君の方みて「兄さんの出番が来ましたよ!」とにやにやしてます。
f:id:sh11dw:20200723192059j:plain


ボーカルは2人で、結構ちゃんとした振り付けまでしなくてはならないという難易度。
f:id:sh11dw:20200723192119j:plain

本当に上手くやれる自信があるとゴヌ君が切なげな目で見つめております。
f:id:sh11dw:20200723192152j:plain

セオン君も、今度こそ自分が何でここにいるのか、ボーカルを通して見せられる機会だと意気込んでおりました。
f:id:sh11dw:20200723192218j:plain

ジェボム君もやりたい気持ちがありながらも、怖さと心配があったようです。
f:id:sh11dw:20200723192242j:plain



グラウンドのボーカル曲はBTSのSave Meですが、こちらも振り付けつきです。
f:id:sh11dw:20200723192309j:plain


テヨン君「高音上がる人いる?」
f:id:sh11dw:20200723192336j:plain

ソヌ君「お!俺!」
f:id:sh11dw:20200723192355j:plain

それ聞いたテヨン君無言。笑
f:id:sh11dw:20200723192414j:plain


ボーカルが一番自信のある分野で、課題曲が好きな曲だったダニエルは既に入り込んでおります。
f:id:sh11dw:20200723192559j:plain

タキ君も軽く歌ってみましたが音程が高い模様。
(タキ君声変わり終わってんのかな…)
f:id:sh11dw:20200723192625j:plain

ニキ君「俺ら絶対ダンスだよ」とボーカルは早々に諦めました。
f:id:sh11dw:20200723192646j:plain


テヨン君が「これ上がる人いるの?」と言うとまた堂々と「僕です!」と手を挙げるソヌ君と、ダニエルも手を挙げました。
f:id:sh11dw:20200723192723j:plain

自信ありげなドヤ顔のソヌ君を怪訝な顔で見るテヨン君。笑
f:id:sh11dw:20200723192754j:plain



ダンスは3曲のミックス。しかもちょっと古い!いいね!
f:id:sh11dw:20200723192817j:plain

3人だけどソロ場面もあってかなり個々の技量が求められますね。
f:id:sh11dw:20200723192843j:plain

ケイ兄さんの番じゃない!?というジョンウォン君の言葉を聞いて物憂げなソンフン君美しい。
f:id:sh11dw:20200723192859j:plain
フィギュアスケーター時代の動画見始めて自分やばいなと思いました。美しかった…

Rainismは真剣に見ていたのに、曲変わったらケイ君が急に踊り出しました。
f:id:sh11dw:20200723192922j:plain
ケイ君がムードメーカーと化している。

グラウンドを見てきたジェイ君が「相手はニキとニコラスが絶対出てくるわ。」と懸念してます。
f:id:sh11dw:20200723192945j:plain



グラウンドもダンスは3曲です。
f:id:sh11dw:20200723193015j:plain
懐メロー!

ビーボーイのダンス区間もあり、「うわ!!ニコラス兄さん!!」とダニエルがニコラスを揺さぶってました。
f:id:sh11dw:20200723193047j:plain
f:id:sh11dw:20200723193107j:plain
キャプチャブレブレ。

ロッキンもあり「タキだタキ!!」と言われてタキ君は満更でもなさそう。
f:id:sh11dw:20200723193131j:plain
f:id:sh11dw:20200723193153j:plain

「これはニキ!」とソヌ君が全員分のパート分けしてました。笑
f:id:sh11dw:20200723193214j:plain

タンブリングまであんの?難!!
f:id:sh11dw:20200723193230j:plain

ニキ君タンブリングも出来んのね…飛んで喜ぶダニエルがやっと年齢相応に見えてきた。
f:id:sh11dw:20200723193247j:plain


3曲目は自分たちでダンスを創作することになります。ジェイ君も驚き。
f:id:sh11dw:20200723193312j:plain



6日後のテストをひかえ、まずは選抜メンバーを決めなくてはなりません。
f:id:sh11dw:20200723193330j:plain


セオン君の「ボーカル推薦する人?」に即座にソンフン君が手を挙げました。
f:id:sh11dw:20200723193358j:plain

ソンフン君「僕はジェボム兄さん、ゴヌ兄さん、ヒスン兄さん推薦します。」
f:id:sh11dw:20200723193420j:plain

自分の名前が出てこず残念そうなセオン君です。
f:id:sh11dw:20200723193433j:plain


ここでゴヌ君が「僕!」と手を挙げました。
f:id:sh11dw:20200723193528j:plain

ゴヌ君「任せてもらえたら本当に上手くやる自信あります!」
f:id:sh11dw:20200723193556j:plain

言いきるゴヌ君に、「かっこいい!」とジェボム君は拍手を送っていました。
f:id:sh11dw:20200723193612j:plain

やりたいし、上手くやる自信あると改めて言うゴヌ君を「同意します。」と気だるげなソンフン君。
f:id:sh11dw:20200723193636j:plain

ヨンビン君「ゴヌがダンスも出来るからね」
f:id:sh11dw:20200723193656j:plain
みんなの賛成を得てゴヌ君が決定しました!


ヒスン君に対しては「ボーカルやりたい?」と、ボーカルにするかダンスにするかみんなも悩んでいました。
f:id:sh11dw:20200723193713j:plain

ただダンスが得意な子の数に対してボーカルが弱い気もするので、ケイ君は「歌は無条件にヒスンだ!」と推してました。
f:id:sh11dw:20200723193730j:plain

ヒスン君「僕が持ってる力量分頑張ればいい結果を持ってこれます。」
f:id:sh11dw:20200723193753j:plain


こうしてボーカルユニットはゴヌ君とヒスン君に決定しました!
f:id:sh11dw:20200723193821j:plain
f:id:sh11dw:20200723193840j:plain

これだけは覚えていてほしい、とセオン君が口を開きました。
「俺も上手くやる自信あるしやりたいんだけど、単純にボーカルだけを見せるステージじゃないと思ってる。」
f:id:sh11dw:20200723193958j:plain

ジェイ君に「ヒスン兄さん一言下さい!」と言われて「ファイティン」とはにかむヒスン君かわいいな。
f:id:sh11dw:20200723194017j:plain



グラウンドはダンスが強いと、2ジェイは心配していました。
f:id:sh11dw:20200723194039j:plain

ジェイ君「ストリートダンスなら正直まじで僕が自信あります!」
f:id:sh11dw:20200723194053j:plain

変わらないジェイ君の性格にみんな嬉しそうです。
f:id:sh11dw:20200723194120j:plain

「上手くやる自信あります!まじで!」
f:id:sh11dw:20200723194137j:plain

「僕は賛成です!」とセオン君も推してあげました。
f:id:sh11dw:20200723194156j:plain

賛同を得たジェイ君ちょっと照れてんな。笑
f:id:sh11dw:20200723194218j:plain


ヒスン君「ケイ兄さんを推薦します。」
f:id:sh11dw:20200723194234j:plain

色々なジャンルが好きで、エースとしての実力を持っていると、みんなからの支持がありました。
f:id:sh11dw:20200723194301j:plain

2人目はケイ君に決定です。
f:id:sh11dw:20200723194357j:plain


残るは1人です。
f:id:sh11dw:20200723194553j:plain

もしかしたら自分が出来るかもしれないという淡い期待をいだいているソンフン君、今日なんだか色っぽいのよねぇ。
f:id:sh11dw:20200723194610j:plain

しかし、どんなジャンルも出来なきゃならないと言ってケイ君が推薦したのはジョンウォン君でした。
推薦されたジョンウォン君が「僕は十分に勝てると思います」と言い切っていてかっこよい…
f:id:sh11dw:20200723194629j:plain

やりたい気持ちはあったけど、自分の欲のために誰かの席を奪いたくないと、ソンフン君は諦めたのでした。
f:id:sh11dw:20200723194641j:plain

こうしてダンス選抜メンバーは、ジョンウォン君とジェイ君とケイ君に決まりました。
f:id:sh11dw:20200723194657j:plain


ギョンミン君「やってみてもっと合うがいれば変わるかもしれないですから。」
f:id:sh11dw:20200723194732j:plain
唯一の新入りとなるギョンミン君、ゴヌ君がいるからか馴染むのはやい。

まさかのギョンミン君からの言葉にセオン君がちょっと慄いていました。
f:id:sh11dw:20200723194800j:plain



グラウンドでもまずは選抜メンバーを選ぶミーティングから始めました。
f:id:sh11dw:20200723194816j:plain

ジェホ君「ニキが1番をするべきだし、2番はニコラスがすべきだから、残った3番を決めなきゃいけないんだけど。」
f:id:sh11dw:20200723194840j:plain
ジェホ君のリードで2人は自動的に決まりました。

しかしジェホ君は自分のアピールを忘れませんでした。「でも俺が確実なのは、チームのためにダンスの創作をたくさん助けられます!」
f:id:sh11dw:20200723195010j:plain

ここでは中間管理職の役割はテヨン君が担うらしい。ジェホ君に「正直言うと僕は兄さんには監督を任せて、創作ダンスを作ってくれたらいいんですけど。」と意見をしておりました。
f:id:sh11dw:20200723195034j:plain

ジェホ君「それもいいんだけどステージに立ちたいだよね。」
f:id:sh11dw:20200723195057j:plain

いつになく我の強いジェホ君にテヨン君困惑してました。
f:id:sh11dw:20200723195115j:plain


3番パートやりたい人ちょっとダンス見せてくれますか?とニコラスが珍しくリクエストしてました。
f:id:sh11dw:20200723195134j:plain

その言葉を聞いて即座に立ち上がったのはタキ君!
f:id:sh11dw:20200723195151j:plain

躊躇なくフリースタイルで踊れるタキ君すごいなー。
f:id:sh11dw:20200723195205j:plain

ジェホ君ダンスの癖ちょっと強いなぁ。
f:id:sh11dw:20200723195230j:plain


一度自己紹介をしようということで、ジェホ君はコレオグラフィー専攻で本当に自信あります!といつになくグイグイしております。
f:id:sh11dw:20200723195250j:plain

タキ君は表情と目付き、そしてロッキンが出来ることをアピール。
f:id:sh11dw:20200723195307j:plain

タキ君のアピールを聞いてジェホ君は更にアピールを追加しました。
「僕もロッキンとかストリート的なものは全部出来ます。全部習いました。実用舞踊科で習いました。」
f:id:sh11dw:20200723195324j:plain

2003年組「まじでやりたいんだねぇ」
f:id:sh11dw:20200723195337j:plain


顔を隠さない投票でタキ君は2票でした。
f:id:sh11dw:20200723195352j:plain
しかしダニエルとニキ君の2票は重みのある2票だと思うぜ…

自動的にジェホ君で決定しました。
f:id:sh11dw:20200723195411j:plain
みんな実力云々よりも感情で選んだようだ…



続いてはボーカルの選抜。
ソヌ君は口だけじゃなかった!曲の雰囲気にすごく合ってますね!
f:id:sh11dw:20200723195429j:plain

ソンチョル君は高音がきつそうだ。
f:id:sh11dw:20200723195445j:plain

ダニエルは、ブルタオルネの時はあまり歌わず喉を休めてしまったので思ったように歌えずつらそうでした。
f:id:sh11dw:20200723195500j:plain

声が出ないことに言い訳せずに「サポートに回ります。僕の歌を聴くにたえない状況なので。」というダニエル本当に中2か?あの有名な中2病を産み出した中2か?
f:id:sh11dw:20200723195516j:plain


大人テヨン君が「とりあえずこの二人でやってみてまたあとで聴いてみよう」とダニエルの気持ちも考えてあげてて、自分がこの子達の年だった時を思い出すと恥ずかしくなるのだなぁ。
f:id:sh11dw:20200723195645j:plain


チームワークテスト グラウンド編&第三次放出者決定(I-LAND)

平均点が78点となったI-LAND。
f:id:sh11dw:20200719212840j:plain

喜ぶ元々のI-LANDERの中で、4人放出されることに不安を覚えたのは元グラウンドの子たちです。
f:id:sh11dw:20200719212908j:plain

ゴヌ君「いやでもまじで上がったんだよ」
f:id:sh11dw:20200719212919j:plain

ソンフン君「僕らまじで50何点だったのに。」
f:id:sh11dw:20200719212928j:plain



放出者が出たことで、グラウンドの子たちのステージが決まり、練習服のままI-LANDに向かいます。
f:id:sh11dw:20200719212939j:plain
ニコラス目つき怖い。笑

今回は過程じゃなくてこのテストを見て、4人のI-LANDメンバーを審査員が決めます。
f:id:sh11dw:20200719212949j:plain

I-LANDよりも力強い!
f:id:sh11dw:20200719213015j:plain

ジェイクうまい!表情もいい!
f:id:sh11dw:20200719213024j:plain

ジェホ君顔が優しい系なのでラップとのギャップが。
f:id:sh11dw:20200719213143j:plain

ニコラス普段目つき悪いのにここではそれが出ないのなんで!
f:id:sh11dw:20200719213154j:plain

ニキ君はダンスめちゃくちゃうまいんですけど、表情がまだですよね~タキ君のほうがそれは上だと思う。
f:id:sh11dw:20200719213212j:plain

ギョンミン君の可愛さに製作陣も気づきましたか?ありがとうございます!
f:id:sh11dw:20200719213222j:plain

ダニエル本番に強いなー!
f:id:sh11dw:20200719213236j:plain


ダンスブレイク鳥肌立ちました。
f:id:sh11dw:20200719213507j:plain

団体振り付け部分も成功しました!
f:id:sh11dw:20200719213522j:plain

ていうかめちゃくちゃそろっててちょっと泣いた。
f:id:sh11dw:20200719213541j:plain

ジェイ君の根性と闘争心伝わってきてすごくかっこよかったです。
f:id:sh11dw:20200719213551j:plain


ジミン君はフォーカスされてないので、性格を知りたいところです。
f:id:sh11dw:20200719213603j:plain

バスケ部ヨンビン君、声安定させるためにのど抑えたのかな?
f:id:sh11dw:20200719213613j:plain

ギョンミン君、練習生期間コヌ君と同じくらいなだけあってステージでの自分の見せ方は上手いと思います。そして華がある。
f:id:sh11dw:20200719213623j:plain

ハンビン君がメインボーカルポジションなの意外!
f:id:sh11dw:20200719213634j:plain

この組体操はI-LANDよりグラウンドの方が安定してる感じしました。ジミン君の体幹か…
f:id:sh11dw:20200719213643j:plain


そして忘れていた。性格の印象が強くて忘れていた。

ジェイ君はめっちゃイケメンだったことを。
f:id:sh11dw:20200719213655j:plain
やっぱセンターは顔ですよ。顔なんですよ。ヒスン君もジェイ君も系統違いますけどどちらもいい。

立ち姿みんなかっこいいな!
f:id:sh11dw:20200719213810j:plain



ピはI-LANDとグラウンド全員入れ変えられると絶賛していました。
f:id:sh11dw:20200719213830j:plain

そしてジコは、I-LANDは表情に統一感のない部分もあったけれど、グラウンドはコンセプトを自分たちで統一している感じがしたとの評価でした。
f:id:sh11dw:20200719213839j:plain
f:id:sh11dw:20200719213848j:plain



ゲートでみんなお互いをたたえあうグラウンダー。
f:id:sh11dw:20200719224410j:plain

一人でいたギョンミン君に「おいで」と抱きしめるヨンビン君、風邪うつるよ!(多分)
f:id:sh11dw:20200719224422j:plain

マスクして温かくしてるから多分まだ本当に体調よくないギョンミン君、ステージでは全然それが見えなかったよ!
f:id:sh11dw:20200719224440j:plain

ジェイ君「今日誰がI-LANDに上がっても泣かないでくださいめんどくさいですから」
f:id:sh11dw:20200719224450j:plain
ツンデレだなぁ。



I-LANDのテスト結果、今回は上位6人が公開されます。
f:id:sh11dw:20200719224503j:plain

6位は70点でウィジュ君です。自分でもびっくりしてました。
f:id:sh11dw:20200719224512j:plain
f:id:sh11dw:20200719224521j:plain

5位は71点でソヌ君!表情は本当に1番だと思います。
f:id:sh11dw:20200719224530j:plain
f:id:sh11dw:20200719224538j:plain

4位は75点でタキ君です。みんな魅力にはまってましたからね。
f:id:sh11dw:20200719224545j:plain
f:id:sh11dw:20200719224553j:plain

ジョンウォン君「まじで高い。前回の1位の点数だ。」
f:id:sh11dw:20200719224832j:plain
3人が元グラウンダーという結果でした。


3位は80点のソンフン君。
f:id:sh11dw:20200719224851j:plain
f:id:sh11dw:20200719224903j:plain
華があるしブレがないんですよ。

2位はヒスン君で83点です。
f:id:sh11dw:20200719224914j:plain
f:id:sh11dw:20200719224925j:plain
嬉しそうでなにより!


え、じゃぁ1位誰なの?とみんな予想します。
テヨン君「ジョンウォンか?」
f:id:sh11dw:20200719224941j:plain

ケイ君は「実力的にジョンウォンかコヌなんじゃないか…」とあんまり期待してないようにしていました。
f:id:sh11dw:20200719224951j:plain

しかし1位は88点でケイ君でした!
f:id:sh11dw:20200719225000j:plain

タキ君飛んで喜んでるし、ヒスン君その動作何。笑
f:id:sh11dw:20200719225011j:plain
f:id:sh11dw:20200719225021j:plain
ヒスン君って若干残念なイケメンの匂いがする…いいね…


1位の放出免除権って自分に使うもんだと思ってたんですが、投票で選ばれた放出候補4人の中で残したい子がいたら使っていいってことなんですね。
使った場合は次の放出候補がグラウンドに送られることになります。
f:id:sh11dw:20200719225157j:plain

今回は夜じゃないからか、2時間後に投票が行われます。
f:id:sh11dw:20200719225210j:plain

テヨン君「ソヌ兄さんすげぇわ~」
ソヌ君「でもなんで6位以内に入っても放出されんの?」
f:id:sh11dw:20200719225221j:plain
そういうところじゃないかな…笑

ケイ君の持っている放出免除権についても、多分使わないだろうとは予想するものの、もしかしたら自分に使ってくれるんじゃないか?とテヨン君は淡い期待をよせていました。
f:id:sh11dw:20200719225231j:plain

タキが点数高かったのが意外だとか言ってたらタキ君来ました。聞かれてはいないがきまずい。
f:id:sh11dw:20200719225328j:plain


私得青部屋。
ジョンウォン君「不安だ。点数公開したから不安だ。自分が上位圏にいたら不安にならないのに。」
f:id:sh11dw:20200719225342j:plain
ジョンウォン君、タメ口なのいいね!心許してるね!

ゴヌ君相変わらず聞くときは無言だね!
f:id:sh11dw:20200719225354j:plain


青から二人で緑にお邪魔したのかな?
f:id:sh11dw:20200719225537j:plain

ソンフン君「僕ちょっとわかったと思う。」
f:id:sh11dw:20200719225553j:plain

ジョンウォン君「4人ですか?僕はまだわかりません。」
f:id:sh11dw:20200719225602j:plain
敬語だね。

ゴヌ君「イケメンじゃなきゃいけない?」
f:id:sh11dw:20200719225614j:plain

みんなにやにやしながら「違いますよ~」と言っていましたがゴヌ君にはかわいいほうに振れてほしい。(真顔)
f:id:sh11dw:20200719225623j:plain


年上組はパントリーに集まっていました。
f:id:sh11dw:20200719225930j:plain

ケイ君「実はタキから学ぶことがすごく多い。シャワー浴びてからすぐ、兄さん練習しよう~ってその言葉に本当に感動した。」
f:id:sh11dw:20200719225945j:plain
初心を思い出させてくれる存在なんでしょうね。

セオン君は、ずっとここにいるけど実力で残っているような気がしないからもっと努力しなきゃならないと思う、とケイ君にアピールしてました。
f:id:sh11dw:20200719230029j:plain


ケイ君と二人になったソンフン君。
f:id:sh11dw:20200719230052j:plain

「兄さん決めましたか?実力を見ればいいのか魅力を見ればいいのか人間的な性格をみればいいのか…」
f:id:sh11dw:20200719230103j:plain

ソンフン君にも、「タキが放出候補に出たら(免除権をつかうか)わからない。タキに学ぶことがすごく多い。」と伝えてました。
f:id:sh11dw:20200719230116j:plain
これ聞いたらタキ君には投票しなくなりますよね。それはいい考えだと思う。使いたくないですもん。

そんなこと言ってたらタキ君登場。
f:id:sh11dw:20200719230127j:plain

本当にニキ君と扱い違うな!
f:id:sh11dw:20200719230134j:plain

免除権を使うとしたらタキだ、とケイ君は決めたようです。
f:id:sh11dw:20200719230143j:plain



そして投票終了後、4人の放出メンバーが発表される時間となりました。
f:id:sh11dw:20200720185351j:plain


1人目は自分以外全員から投票されたユンウォン君。
f:id:sh11dw:20200720185404j:plain

団体練習の時に集中力が切れていたからという理由でセオン君は選びました。
f:id:sh11dw:20200720185419j:plain


2人目は10票でテヨン君。
f:id:sh11dw:20200720185441j:plain

最初より実力はついているけど、もう消去法で選ぶしかなかったというゴヌ君でした。
f:id:sh11dw:20200720185453j:plain


3人目は8票でソヌ君。
f:id:sh11dw:20200720185507j:plain

練習中の態度でケイ君は選んだようです。もしデビューしたらずっと一緒なわけだからね。
f:id:sh11dw:20200720185522j:plain


4人目は5票でまさかのジョンウォン君!
f:id:sh11dw:20200720185602j:plain
f:id:sh11dw:20200720185612j:plain

いいパートなのにそれほど見えなかったという理由でソヌ君は選びました。
f:id:sh11dw:20200720185634j:plain
多分投票した5人はみんな元グラウンドだろうな。


ソヌ君が去るのに号泣するジェボム君泣き虫だねぇ。
f:id:sh11dw:20200720185646j:plain

あれ、ユンウォン君とだとタキ君の方がちょっと大きいぞ!
f:id:sh11dw:20200720185655j:plain



残ったのは免除権の使用の有無の確認です。

ケイ君「僕は…放出免除権を使います。」
f:id:sh11dw:20200720190340j:plain
f:id:sh11dw:20200720190355j:plain


ケイ君「僕が免除権を使うアイランダーはヤンジョンウォンです。」
f:id:sh11dw:20200720190416j:plain

ケイ君はジョンウォン君のこと実力あるって言ってましたからね。シグナルソングできつい体勢で歌うのすぐ横で見てたし。
f:id:sh11dw:20200720190435j:plain
実力だけじゃなくて考えなども尊敬できるというのが理由でした。



5人目は5票で(あれ?????ジョンウォン君も一緒じゃないか)まさかのタキ君。
f:id:sh11dw:20200720190459j:plain
f:id:sh11dw:20200720190516j:plain
これ多分演出だよな…なんで同じ票数なのに最初ジョンウォン君が選ばれるの?


予想していなかった事態にケイ君はショックを受けました。
f:id:sh11dw:20200720190541j:plain
申し訳ない気持ちしか出てこないでしょうね…

ケイ君「お前が選ばれたら絶対助けると思ってたのにほんとごめん…」
f:id:sh11dw:20200720190555j:plain

ジョンウォン君はただそこにいることしかできませんね…
f:id:sh11dw:20200720190608j:plain

ケイ君「わかった?絶対戻って来いよ?」
f:id:sh11dw:20200720190619j:plain
目線合わせてるの萌える。


ジェボム君とソヌ君のコンビは好きだったなぁ。
f:id:sh11dw:20200720190636j:plain

グラウンドに戻ることになった4人でした。
f:id:sh11dw:20200720190717j:plain


ケイ君最後まで見送れず声出して端で泣いちゃってました。
f:id:sh11dw:20200720190741j:plain


タキ君も声出して泣くから、ソヌ君が「行こう」って手繋いであげてました。
f:id:sh11dw:20200720190757j:plain


グラウンドの扉を開けるとみんなが入り口で待っててくれました。
f:id:sh11dw:20200720190812j:plain

ジェホ君に声上げて抱き着くタキ君赤ちゃんだなぁ。
f:id:sh11dw:20200720190838j:plain

でもインタビューではめちゃくちゃ真面目。
「多分ケイヒョンもわざと落としたわけじゃないと思うので、これからもっと頑張っていきたいと思います。」
f:id:sh11dw:20200720190859j:plain



グラウンドからの追加メンバーは次の記事に続きます。