読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の心臓を狙撃する

隣国のアイドルについての独り言

第2次ユニット戦② (少年24)

スカイ→タッチョア(GOT7)

f:id:sh11dw:20160717123114j:plain
サンミン君、風邪を引いてしまわれたようで。4連敗の重みだろうね。精神的なものと思われ。

前回辛い思いをした分、ここのユニットはそれをバネにして相当練習したのだと思います。
あとは前回のイエローが良かったのを参考にしたのかなぁと。

f:id:sh11dw:20160717123139j:plain

まずは表情がよかったの一言。

f:id:sh11dw:20160717123200j:plain
サンミン君顔きれいすぎてくずれないのね。事故らないのね。ずるい。

f:id:sh11dw:20160717123214j:plain
このセルカ撮るシーン好き。

この曲自体にはインパクトはなかったのだけれど、ストーリー性持たせて引き付けるようにしたのは、努力を感じましたよ…!

f:id:sh11dw:20160717123227j:plain
アイジェックの表情演技上手すぎるwww

f:id:sh11dw:20160717123240j:plain
あと私はヨングォン君の顔が好きです←ただの趣味



レッド→I NEED U(防弾少年団)

前回のせいでレッド見る気なかったですが、逆にまた何かやらかしてくれるのではないかと思って注目。笑

ホワイトが選んだ曲をやりますよーってなったときのレッドがこちら。

f:id:sh11dw:20160717123256j:plain

雰囲気めっちゃいいじゃないか。笑

あれだけ「一緒にやりたくない」とか言ってたウォン君が結局ソンホの隣にいるし。(控え室でも隣の席にいた)
あとCM前の映像。笑
f:id:sh11dw:20160717123951j:plain

f:id:sh11dw:20160718203223j:plain
何か告白シーン隠し撮りしてるみたい

ソンホはウォン君呼び出してちゃんと二人で話をしたみたいですね。拒否される可能性もあるのに、ソンホは勇気だしたと思うよ!
「ウォニヒョンどこ?」
「ここ」
「ウォニヒョンどこ行ってたの?」
「トイレ」
↑このシーン好きwww


f:id:sh11dw:20160717123433j:plain
ソンホの笑顔はホワイトをいらつかせる。笑

f:id:sh11dw:20160717123448j:plain
ヒョンウク君、やっと本来のコンセプトに戻せたね←

f:id:sh11dw:20160717123505j:plain
階段から後ろに落ちて復活するシーンは正直鳥肌立ちました。やるじゃんて。
ソンヒョン君とジンギュの2人がいなかったらできなかっただろうけど笑

f:id:sh11dw:20160717123523j:plain

f:id:sh11dw:20160717123533j:plain
ウォン君もパートあってよかったね!

何かが足りないってイミヌが言ってたけど確かにそんな感じでした。

f:id:sh11dw:20160717123553j:plain
でもやはりソンホにはカリスマ性を感じる。(ヒョンスンにしか見えないけど



ホワイト→10チョンマンチョメ10チョン(2PM)

これってこの子らにとっては懐メロ?私はもろ世代です。カラオケで盛り上がるやつ。←個人的に

これやらなきゃならなくなったときのホワイトwwwいいからやれよwww←って初めて伯母心失った

f:id:sh11dw:20160717123726j:plain
いやいやいやヨンドゥ君繊細すぎるだろ!!!
「僕は今写りません!」

「裏切られた…」
f:id:sh11dw:20160717123853j:plain
繊細すぎてかわいい。←伯母心取り戻す
f:id:sh11dw:20160717124048j:plain

f:id:sh11dw:20160717124016j:plain
グリーンの弟たちになぜかいじられるジンソプ氏。(多分曲がほぼラップばっかなのにラッパーが一人しかいないから)

f:id:sh11dw:20160717124130j:plain
ソンホに「もしかしてI NEED Uのインスト持ってない?」と言われたときの反応www

ジェヒョン君にキレるフィドン様が美しすぎる…
f:id:sh11dw:20160717124244j:plain

f:id:sh11dw:20160717124156j:plain
でもまぁジェヒョン君は何が上手いわけではないけどやっぱり華がありますね。

ここ好き。

f:id:sh11dw:20160717124310j:plain

「あらやだ!」


6ユニット見て思ったのは、自分達が選んだ曲じゃない場合、それで苦手意識芽生えたり、自信なくすとダメですね。
seventeenの子らみたく、自分達で作詞作曲編曲しない限りは苦手な曲でもやれと言われるだろうし、長い目で見てもチャレンジしていこうとしないと!
仕事だからね。
苦手な得意先からのクレーム対応行きたくないですと言えないのと同じですね。←重み

あと1次も2次も共通だと思うのですが、明るい曲の方が有利だったような…


結果は別記事にて。