読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の心臓を狙撃する

隣国のアイドルについての独り言

スポーツワールドインタビュー記事(少年24)

スポーツワールドのインタビューは、OSENと10asiaとほぼ同じメンバーですが、ロウン君とドハ様が、ジンソプ君とヒョンウク君というレアなお二人に変わっております。

要約とかいいながら結局全部載せます。←要約出来るほど文章力がなかった

そして内容は一番つまらない←酷


f:id:sh11dw:20160828093317j:plain

●8週間のサバイバルが終わった。感想を一言。

ジンソプ君「とりあえず、さっぱりした。残念な点も多いが、激しかったサバイバルが終わったという点で安心感がある。この8週間の激しかった現場がたまに懐かしくもあるが、努めて、戻りたい気持ちはない。笑
“少年24”最終メンバーに抜擢されて新しいスタートを切るので、気を引き締めて、公演に取り組まなければならないという感じがする。」

ヘジュン君「8週間のサバイバルが終わり、“少年24”最終メンバーに抜擢された。今この瞬間だけはうれしい気持ちが先行したものの、それでもひたすら安心することは出来ないようだ。
これからが始まりであり、もっと頑張らなきゃと思う。“少年24”この後、また別のサバイバルが始まったようだ。」


●サバイバルをしながら多くのことがあった。

チャンミン君「生きてきて、こんなに多くの経験をしたことがない。ミッションで脱落して、復活して、そして最終合格をしたが、これまでの経験が走馬灯のように流れる。
特に、お互い生き残るため、誰かを落として僕がそのポジションに入るために残酷な決定をしなければならない時期もあったが、その時は“少年24”という番組が本当に憎かった。
勿論それも成長の一過程だが、記憶から消してしまいたかった瞬間でもあった。」

10asiaのインタビューでも同じようなこと言ってましたが、チャンミン君デイビッドのこと相当引きずってるみたいですね。
でもデイビッドは恐らく本人も思ってるだろうけど、ロングラン劇場公演スタイルではないから良かったと思いますよ。

f:id:sh11dw:20160828093406j:plain

チャニ君「49人の少年達が団体生活をした。最初から最後までトラブルは1度もなかった。だからもっとお互いを支えて舞台に集中することができたようだ。
“少年24”を通じて団体生活を初めてしてみたが、チームワークや人間関係など多くのことを経験して学ぶことができた。」

トラブル……なかったですね、グリーンはね。グリーンは。


●ヒョンウクは追加メンバーとして合流することになったが。

ヒョンウク君「“少年24”を通じて歌とダンスを始めた。ひたすらついていくのに必死だったが、今回追加メンバーとしてスカイユニットに合流することになった。チームのカラーが大きく変わったので慣れるのに時間がかかると思ったが、メンバー達の手助けによって素早く適応している。遅れて最終メンバーに合流しただけに、もっと一生懸命努力して、メンバー達の足を引っ張らないようにしようという考えだけだ。」

※訳間違ってたので直しました。失礼しました。


●Mnetサバイバルだから、プロデュース101を省けない。どう見るか。

ヨングォン君「“少年24”のオーディションに受かったという通知を受けて、後で“プロデュース101”をチェックした。“スーパースターK”とは別のコンセプトのサバイバルであったが、とても感じが変わった。
勿論“少年24”とコンセプトは異なるが、サバイバルという点で“僕は上手く出来るのか”という考えが先行した。
そのような負担感を持って“少年24”に参加したが、個人よりはユニットに重点を置いていたので、チームワークの重要性を悟るようになった。」

ヨンドゥ君「“プロデュース101”は個人戦なら、“少年24”はユニットに集中したサバイバルだ。個人の技量よりは個人が集まって作り出すシナジーに更に重点を置いたようだ。」


●最後の舞台への余韻が冷めない

ヘジュン君「とても胸が一杯だった。歌手になりたいという夢を見て、6年ぶりに“少年24”という舞台に立つことになった。
これまで準備だけをずっとしていたが、結果と言えるのがやっと出た瞬間だった。
特に最後の舞台の時に製作陣が両親を招待してくれて、両親の前で大きな歓声を受け、舞台をしたという点でやりがいや達成感を同時に感じた。
一生忘れない瞬間であり、歌手として初の出発を“少年24”でしたという点も一層格別だった。」

f:id:sh11dw:20160828093447j:plain

●“少年24”最終メンバーに選ばれたあと、なにか変わった点はあるか。

チャニ君「とりあえずスケジュールが多くなった。笑 坡州の合宿所にいる時は舞台を準備するのがすべてだったが、最終メンバーに選ばれて宿舎を移したら出来る仕事が多くなった。
最近はVアプリもして、インタビューにグラビア撮影もして、録音に公演準備もしなくてはならないので本当に無我夢中だ。
だからもっと気を引き締めて、メンバー達とお互い支えようとしている。」

ジンソプ君「“少年24”を終えて短い休暇をもらった。合宿所を出て、久しぶりに外の生活をしたが、思ってた以上に僕のことを調べてくれている方々が本当に多かった。
まだデビューもしていないし芸能人でもないのに、本当に多くの方々が好きになってくださった。
スケジュールも詰まっていて忙しい日程を消化しなければならないが、僕らを応援してくれる方を思えば、もっと一生懸命に活動しなくてはならないと思うようになった。」


●宿舎を移したと聞いた。どうか。

ヨンドゥ君「とてもいい。宿舎は最先端である。浴槽があって温かいお湯で身体を癒すこともできて、空間も遥かに大きくなって生活しやすい。更に食事もすることができる。
坡州宿舎は虫も幽霊も多かったが笑、今の宿舎は全ての面で満足している。」


●“少年24”を通じて学んだことがとても多いようだ。

ヨンドゥ君「ダンス、歌の実力は勿論、舞台の上での表情やジェスチャーの方法を沢山学んだ。舞台の上での余裕を学んだとも言えるだろうか。最初は舞台に上がるのがとても負担だったが、今は少しは楽になった。放送初回と最終回を見ても違いが明確だ。おかげで舞台の上で才能を操って笑、観客と疎通することも沢山学べたようだ。」

ヘジュン君「カメラの見方を沢山学んだ。どうすればよい画面が出るか、またどのようなジェスチャーがよい反響を得られるのかわかるようになった。
特に舞台マナーも沢山学んだが、初舞台に比べて最後の舞台を見ると、自分が見てもとても増えたと思うほどだ。更に、最後は観客も目にいれることができた。それだけ舞台に慣れたということだ。」

f:id:sh11dw:20160828093514j:plain


●9月から専用劇場で公演をすることになるが、どんな姿を見せてくれるのか。

ヨングォン君「最後の放送の時より遥かに鍛えた姿で観客の方々に会いたい。個人的には可愛いことは上手く出来ないが、可愛いジェスチャーや振り付けも自然に見えるように初公演まで一生懸命練習する計画だ。」

ヨングォン君って天然なの?
最終回の前のFacebook動画でうさぎのぬいぐるみ持って、同じくぬいぐるみ持ってたファヨン君にぬいぐるみ同士挨拶させてたのに(ファヨン君一瞬意味わかんない顔してた)、可愛いことが出来ないの?笑

チャンミン君「“少年24”を通じてパフォーマンス中心の舞台を数多く披露した。ボーカルより、ダンス・パフォーマンス・舞台構成・コンセプトが主であったが、公演では少年達のボーカルの実力も精一杯お見せしたい。
時には強烈に、時には感性的なスタイルの曲も披露したいし、ボーカル・パフォーマンス・コンセプトまで全般的に成長した姿を見せたいという欲がある。」


●それならば、公演や番組放送の中でどんな活動に集中したいのか。

ファヨン君「放送活動にも食指が動いている。公演においては自信がついただけに、より多くの大衆が少年達の舞台を見て楽しむことができたらいいと思う。機会があれば放送を通じて紹介したい。
また、認知度をきちんと積み重ねたならば、少年達の舞台をもっと沢山見に来てくれるのではないか。」

ヒョンウク君「観客達と直接疎通することができるという点で公演の魅力は相当ある。9月から本格的に公演を開始するが、更に多くの方々と音楽で疎通出来るように力を尽くして公演に臨む。」


●最近“花道だけ歩く”という言葉が流行っている。少年達にとっての花道とは。

チャニ君「困難だったサバイバルを終えて“少年24”メンバーとして最終的に選抜された。そして念願の舞台に立てるようになり、各種のスケジュールで目が回るほど活動している。今この瞬間が少年達には花道だと思う。
また、花道を続けていくことが出来るかどうかは少年達に懸かっていると思う。舞台に立つという初心を忘れず、自分の限界を超える新しい舞台を作り出せば、少年達の花道は続いていくのはではないか。」


●最後に、舞台に上がる覚悟を一言お願いする。

ヨンドゥ君「まだお見せしていないことが本当に多い。カメラの外に出て本物の舞台に立つだけに、見せたいものを思う存分見せていきたい。
また、“少年24”を通じて一層成長しただけに、期待以上の舞台でファンとお目にかかりたい。
ファンのみなさんも少年達に沢山の関心と愛をお願いし、絶対失望させない少年になる。」


当たり障りのないインタビューでした。

※画像はスポーツワールド様のサイトよりお借りしました